>  >  > 【閲覧注意】南アフリカの口裂け少年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

佐藤Kay

,

,

奇病

,

手術

,

血管腫

,

難病

※3ページ目に一部の読者にとっては刺激の強い写真を掲載しています。閲覧は自己責任でお願いします。

550px-Zimbabwe_(orthographic_projection).svg.png
ジンバブエ「Wikipedia」より

 英紙「Daily Mail」(2月18日付)によると、ジンバブエ生まれのプロスペール・マティ君(1歳)は、明るく元気な赤ちゃんとしてすくすく育っていたという。しかしある日、両親は息子の唇と舌が異常な速さで肥大していくことに気づいた。急成長は止まらず、あれよあれよという間に、とうとう顔の半分くらいの大きさにまで腫れあがってしまった……。


■唇と舌にできた「血管腫」が急激に膨張

 急いで医者に見せたところ、プロスペール君は「血管腫」に罹っていることが判明した。これは非がん性の良性腫瘍で、比較的よくみられる病気なのだそうだ。できやすい場所は太ももなどの下肢の他、頭や首などの頭頸部、上肢などが多いが、良性の場合が多く、経過をみるだけで特別に処置はしないのが普通だという。ただし、良性であっても目の周りや唇、呼吸を妨げる箇所にできたときは切除が必要になる。プロスペールくんの場合、運悪く唇と舌にできてしまっていた。

 特に舌は成長とともにどんどん膨れあがり、最終的には気道をふさいで窒息死してしまうというのだ。だが、ジンバブエにはプロスペール君の手術ができる病院がない。両親は一大決心をして母国を脱出、南アフリカへと向かった。幸い、国の北東部にあるハウテン州テンビサで手術をしてくれる医師を見つけ出すことに成功。だが、無常にも1300ポンド(約21万円)の緊急手術が必要だと告げたのだった。

 貧しい両親は目の前が真っ暗になったと話す。母親のモディトールさんは無職、父親のギルフレッドさんはスーパーに勤めてはいるが、そんな短期間で手術代を捻出することは不可能に近かった。

 もはやコントロール不能状態の我が子の唇と舌。費用が工面されるまでは手術は行わないと告げる医師。両親は死に物狂いで資金調達に奔走した。だが、並大抵のことではない。タイムリミットが刻々と迫っていた――。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?