>  > テレ朝・橋下徹の冠番組は放送法違反

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:
hashimototoru_151227.jpg
弁護士法人橋下綜合法律事務所公式サイト弁護士紹介ページより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 橋下徹・前大阪市長が4月からのテレビ新番組にレギュラー出演すると発表された。放送局はテレビ朝日系列、時間は現『ビートたけしのTVタックル』の枠(月曜23時15分〜)で、同じ早稲田大学政治経済学部卒の羽鳥慎一アナウンサーと共演することまでは決定。一方、タイトルや肝心の内容に関しては「未定」だという。

 橋下氏の8年ぶりの“テレビ復帰”とあって話題になるのは間違いないが、しかし、ちょっと待ってもらいたい。本当に、この人に冠番組をもたせてもいいのだろうか?

 橋下氏は昨年、大阪都構想の住民投票に敗れた直後に「政界引退」を表明、年末の任期満了を控えた最後の定例会見でも今後は「私人」として過ごしていくと強調したが、周知のように、現在もおおさか維新の会の「法律政策顧問」というポストに就いている。

 言っておくが、これは名誉職でもなんでもない。事実、報道によれば1月24日、橋下氏はおおさか維新の会の「戦略本部会議」の初会合に参加したが、これは参院選に向けた公約や政策などを話しあうためのもの。さらに同月30日には、おおさか維新が擁立候補の発掘を目的で設立した「維新政治塾」にも出席、報道陣に非公開で講演を行っている。

 ようするに橋下氏は、「政界引退」どころか事実上の“オーナー”として、国政政党の“院政”を行っているのだ。しかも、おおさか維新の会代表・松井一郎大阪府知事は、これからも党の方針などについて橋下氏から「さまざまなアドバイスをもらう」と公言している。つまり、おおさか維新側も、“橋下氏が党の顔”というイメージ戦略を発信しているわけである。

 そんな人物がキー局の冠番組を持つことは、毎週、特定会派の事実上のトップによる番組が全国放送で垂れ流されるということだ。これは明らかに「政治的公平」に反するだろう。

 昨年10月、橋下氏が率いる大阪維新は、大阪都構想反対の急先鋒であった藤井聡・京都大大学院教授が出演していた情報番組『おはようコールABC』(ABC朝日放送)に対して、政治的公平を定めた放送法4条に違反するとしてBPOに調査を申し立てていた。

 だが、藤井氏はたんなる学者であり、自分の意見を述べたにすぎない。政治権力の不当な介入を防ぐという放送法の本来の趣旨からすると、橋下が冠番組を持つことのほうがはるかに放送法違反にあたるのではないか。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年2月26日 15:54 | 返信

確かに橋下氏が番組を持てば、おおさか維新のイメージアップにもつながるし
官邸の協力勢力である以上、安倍政権を利する事にもなるでしょう

でも、それは単に橋下氏が上手くやっただけ
これを批判する大義名分なんてどこにもない。悔しかったら他の政党も同じ事をすれば良い
でも、出来ないでhそう。地位を捨てる事も出来ないだろうし、そもそも橋下氏並の
求心力を持つ事も出来ないはず

民主主義というのは、結局、大義名分があればOKなければNGな世界であり
今回の件でいえば、橋下氏側に名分がありそれを非難する側に名分が無い、いわば負け犬の遠吠え

1:匿名2016年2月25日 12:12 | 返信

私人の活動を妨害することが正しいのか。
橋下氏が党の決定に関与しないことは、明言されている。
バラエティー番組への出演は問題無いと複数のコメンテータもコメントしている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。