• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0224loris_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 2月14日放送の『ダーウィンが来た!生きもの新伝説』(NHK総合)は、魔法を使う幻のサル「スローロリス」を特集し、平均視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と健闘した。同日の裏番組で19.0%の高視聴率を記録した『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)と比べればイマイチに見えるが、『この差ってなんですか?』(TBS系)の7.9%や『最強FBI緊急捜査』(フジテレビ系)の10.3%には負けておらず、『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系)の11.9%にも見事勝利。サルが、お笑い界の大将よりも高い数字を叩き出したことになる。7日に放送されたコウノトリ特集の16.5%に続き、謎の高視聴率を連発しているNHK。

 相変わらず目が離せない『ダーウィン』だが、スローロリスは一体どのような魔法を使うのだろうか。

 番組は、インドネシア・ジャワ島西部の森に暮らす絶滅危惧種のジャワスローロリスの姿を撮影するため、イギリス・オックスフォードブルックス大学教授のアンナ・ネカリス博士の調査に同行。スローロリスは、体長30cm、体重は1kgほどの小型のサルで、その名の通りゆったりとした動きが特徴だ。ネカリス博士は5年前からこの森のスローロリスに発信機を取り付け、行動を追跡している。この日も発信機のおかげで、スローロリスとの遭遇に成功した。

 スローロリスは寝起きの毛づくろい後、食べ物探しを開始した。しかし、30cm移動するのに51秒も掛かけるほどのスローペース。とても狩りに適した能力が備わっているようには思えないが、足は樹上生活に適した特別仕様なんだとか。後ろ足でもしっかりと枝を掴むことができ、重力を無視した逆さ歩きもお手の物。こうして夜の森を縦横無尽に移動しながら、大好物の昆虫を探すという。

 さらに、夜行性の彼らが持つ大きな目も、獲物探しで本領を発揮する。虫の微かな動きを見逃さず、離れた枝にも獲物を見つけては次々と簡単に捕食。狙われた虫たちはまるで魔法にかけられたかのように、逃げる間もなく捕らえられていった。虫は動体視力が優れているので素早く動くものはよく見えるが、遅い動きのものは認識しにくい。しかも昼間に活動する虫は夜になるとほとんど目が見えず、真っ暗な森でゆっくり近付いてくるスローロリスには気付けないのだ。

 また、スローロリスは「触毛」と呼ばれる毛を持ち、これの根本に神経が集まっているため、少し葉っぱにあたるだけで位置を敏感に察知して避けることが可能。この能力をフル活用することで周囲を揺らしたり物音を立てたりせずに移動でき、夜の木の枝で眠る鳥さえも狩ってしまう。

関連キーワード

NHK

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。