>  >  > 3日で火星に行ける! NASAの最新宇宙技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
PhotonicPropulsion_5.jpg
火星の大地 画像は「Wikipedia」より引用

 現在巷では、火星に関する話題が盛り上がりを見せている。昨年は火星に液体の水が流れていることを裏づける観測結果が得られ、生命が存在する可能性が飛躍的に高まった。そして今年は、人類が火星に降り立つ日も近いのではないかと期待させる映画『オデッセイ』が日本でも公開され、大ヒットを飛ばしている。

 そして現在、またも世の宇宙ファンたちの常識を覆す発表がなされ、海外メディアが沸き立っている。なんと、「火星にわずか3日で行けるようになる」見込みが高まってきたというのだ。一体どのような技術を用いればそんなことが可能なのか? 詳細についてお伝えしよう。


■燃料を燃やす宇宙船はもう古い

PhotonicPropulsion_4.jpg
H-IIBロケット2号 画像は「Wikipedia」より引用

 米誌フォーブズをはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、「火星に3日で行けるようになる」夢の技術を提唱しているのは、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校のフィリップ・ルービン教授率いる研究チームだ。驚きの発表は、「NASA Innovative Advanced Concepts(NIAC)」のシンポジウムで行われた。

「Directed Energy Interstellar Precursors(Deep-In)計画」と題された彼らの研究の最終目標は、現在の宇宙船が採用するロケットエンジンを、より高出力で合理的な新世代のものに置き換えることだ。

 高圧・高温のガスを後方に噴射し、その反動で推力を生む現在のロケットエンジンの構造は、大量の燃料と酸化剤を宇宙船に積みこむ必要があるうえ、それによってさらに宇宙船の重量が増し、スピードが遅くなるという弱点を抱えている。

 そこでルービン教授らが提唱するのが、宇宙に放出したレーザー光によって推力を得る「レーザー推進システム」だ。宇宙空間を光の力で進むなど、にわかには信じ難い話だが、これは決してSF世界の話ではない。

コメント

8:匿名2016年8月17日 10:11 | 返信

しかし、実際物を作って航行テスト段階新型エンジン開発に失敗・成功は付き物
まぁ大型の有人惑星間航行船作るとなれば、宇宙港を建造してそこから就航という風な形になるんだろうな。
レーザー推進システムの構想は見たが、あれでは、先端がデブリに衝突でもしたら破損の可能性もある艦航行の安全面を2重3重にする必要も出てる来る。(推進力動力源2重3重の確保)
ということは、まずは、大型艦船になるのだろうね、用途にもよるのだろうけど
大型の中に小型のシャトル船等も搭載でもいいし
こういう、話なんてのは楽しんだ者勝なんだよ

7:匿名2016年7月21日 18:24 | 返信

{地球から打ち上げられた100kgの宇宙船を、3日ほどで火星に送り込むことが可能]
この記述、気になったんで検証してみました。
距離 d=55,000,000,000(m)
時間 t=3*24*60*60=259,200(s)
初速度=v0,加速度=aとすると、
   a=(2*(d-v0*t))/(t^2)
初速度は結果にあまり影響しないようなんで、v0=0とすると、
   a=1.637(m/s^2)≒1.6(m/s^2)
火星到着時の速度vtは、
   vt=424,310.4(m/s)≒420,000(m/s)
となりますね。これを検討してみます。
1.加速度
  100kgの物を1,6で加速できるということは、理論上10kgの物なら16で加速出来る
  はずです。重力加速度こえてますね。つまり地上に置いた10kgの物の下に鏡をおいて、
  下から光をあてたら「浮く」ってことです。非常に興味あります。ぜひ見てみたい!
2.火星到着時の速度
  火星に着陸するには相対速度をほぼ0にする必要があると思います。
  でもこの方法では減速出来ませんよね?火星重力によるスイングバイでの減速力
  を大きく超えてると思いますが。火星軌道近くに小型のブラックホールでも見つ
  かったんでしょうか?(それはそれで大問題だけど(笑))。

期待してます!

6:>0032016年4月18日 03:36 | 返信

否定する俺カッコイイですかw
厨二病が早く治るといいですね。オジサンwww

5:匿名2016年4月16日 12:31 | 返信

4さんの言う通り。仮にレーザー発射装置と宇宙船本体がケーブルで繋がれているなら、物理系が閉じてしまうので、永遠に前進できないw 無風の海上で、帆船の上で扇風機を回すようなもの。作用・反作用の関係で1ミリも進めないwww

百歩譲って互いの距離を同一距離に保つ姿勢制御装置があるにしても、そのために費やされる加速と減速のエネルギー効率が釣り合ってしまい、やがて停止状態に陥る。宇宙船工学の初歩の問題。

4:匿名2016年4月15日 23:00 | 返信

宇宙空間で「一定の位置に留まる本体部分」
はどうやって実現を?
受け取るほうが推力を得るってことは
光の発射装置は逆方向に推力が働くはず。

離れれば離れるほど光は拡散しすぐ天空の星にも劣る光になって推力は受け取れなくなるのでは?

なんか、投資詐欺のような気がする。

3:匿名2016年4月15日 16:03 | 返信

こういう場所ではみんな知ったかぶりの学者気取りになるのが笑える
しょせんどこかのサイトかで知った情報を鵜呑みにして「俺は知ってる」
見たいに書きたい奴の集まり。

2:匿名2016年2月25日 09:29 | 返信

記事二もあるけどEMよりこっちのが高速じゃね

1:匿名2016年2月25日 02:16 | 返信

普通に太陽帆を張って制御した方が安くて現実的。何より既に実用化されている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。