>  >  > 奇形か新種人類か?“ホビット”と呼ばれたフローレス原人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
人類進化史に革命が起きる!? “ホビット”と呼ばれたフローレス原人は、奇形か新種人類か?

 小人の代名詞として親しまれている、英作家トールキンが創作した“ホビット”。その名が愛称となっている、2003年にインドネシアのフローレス島で発見されたホモ・フローレシエンシスは、実は現生人類(ホモ・サピエンス)ではなく、全く異なる種であったのではないか……。専門家内でも意見が分かれるホビットの位置づけに、最新の研究が一石を投じることになりそうだ。 ■これまで根強かった“矮小化”説  約1万...