>  > 1879年開始で2100年終了の実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

実験

,

植物学

,

種子

,

萌芽

,

高夏五道

 なんでも早いほうがいい。すぐに知りたいし、すぐに結果を出したい。特に現代は、何に対してもスピードが求められている。実際、近代科学はそのスピードの欲求に応えるために発展してきたと言っても、ある意味間違いではない。しかし、世の中にはすぐに結果がでないものも、まだまだたくさん残っている。オンラインジャーナルの「Oddity Central」のレポートによれば、ものすごく気の長い植物実験がアメリカのミシガン州立大学で行われているという。


■1879年に埋めた23種類の植物の種子を5年ごとに確認

verbascumblattaria1.JPG
ウィリアムス・ジェームス・ビール博士 画像は「Wikipedia」より

 この“気の長い”実験は、1879年に始まって、いまだ実験継続中であるばかりか、その実験の終了は、まだまだ先の2100年に予定されているということだ。

 植物学者であるウィリアムス・ジェームス・ビール博士が、今から139年前に始めた実験とは、植物の種子の萌芽能力に関するもので、休眠状態にある植物の種子が何年間の休眠に耐えることができ、再び萌芽が可能になるかどうかというものである。口の細いガラス瓶に湿らせた砂と植物の種子を入れて、大学キャンパス内の秘密の場所に埋めて保存し、5年おきに掘り出して萌芽状況をチェックしているのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。