>  > 1日30回射精するコツ…!?オナニー世界チャンピオン談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

エリザベス宮地

,

オナニー

,

渡邊浩行

 2008年にデンマークのコペンハーゲンで行われたオナニーの世界大会、マスターベーターソンで、7時間に28回の射精を達成して優勝。この記録はいまだに破られていないという、映像作家エリザベス宮地氏。2月20日から下北沢トリウッドで再上映が始まった映画『ミヤジネーション』の公開を記念し、本誌のインタビューに登場していただいた。前編では学生時時代のルサンチマンと「オナニーブログ」を立ち上げるまでについてうかがったが、後編ではさらにディープな話が聞けた。


■ヒマラヤ登山と1日30回射精は同じで、誰でもできる

ph080226.jpg

――ここで一旦脱線させてください。宮地さんご自身や作品の話ではなく、オナニーそのものについて、ちょっとだけ伺いたいんです。

宮地 やっぱり、そうきますよね(笑)。

――目の前に世界チャンピオンがいるせっかくの機会ですからね。日本の映画界の今後の展望とか聞くのもアレでしょうし。

宮地 あー、そういうの全然わからないです。

――作品を拝見して最初に驚いたのは、射精回数の尋常じゃなさなんです。マースターベーターソンでは7時間で28回。つまり、15分に1回は発射しているわけです。「私のあそこはベートーヴェン」のファイナルには24時間で50回を達成しましたよね。サイボーグならまだしも、生身の人間が短時間にこれだけの回数の射精をすることそのものがにわかには信じられない。どうして、そんなに出せるんですか?

宮地 精子を……ですよね?

――そうです。おかしいですよ。

宮地 出るものは出るんですよ。24時間で50回イった時、さすがに最後のほうはほぼ透明になっていきますけれど出ます。カウパーがちゃんと、ピュって。

――それが常人の想像を超えてると思うんですよね。

宮地 いや、そんなことはないです。出ますよ。

――それは宮地さんがある意味の「選ばれし者」だからじゃないでしょうか?

宮地 Tocanaでも紹介されていた写真家の石川竜一くんの写真展の打ち上げでこの前、同じ写真家の石川直樹さんと話していた時に、直樹さんの登山と僕のオナニーの共通点が見つかったんですよ。

――石川直樹さんと言えば、昨年K2に挑戦したり、過去にエベレストやヒマラヤの登頂にも成功している写真家ですよね。石川さんの登山と宮地さんのオナニーに共通点があるんですか?

宮地 回数だけ見ると異常者だとか思われがちですけれど、精子を出す量をコントロールする方法さえ覚えれば誰でもイケるんですよ。たとえば手を動かすリズムにコツがあって、それをしっかり学びさえすれば、五体満足で身体的な疾患のない男性なら大半は24時間なら30回は超えられます。

――信じられません。

宮地 その話を直樹さんにしたら「わかるわー」って。「ヒマラヤ、誰でも登れると思うもん」って(笑)。慣れてコツをつかみさえすれば絶対に大丈夫だって言ってましたよ。

――(笑)。ヒマラヤ登山と同様に、オナニーで1日で30回射精できるか否かはその人の体質や器質の問題ではなくて、スキルの問題だということですか?

宮地 そうです。技術を得れば実現できます。要は、大会で勝つためのオナニーとプライベートで楽しむためのオナニーはやり方が全然違うってことなんです。第一に、大会向けのオナニーは気持ちいいと思ったらダメ。それは精子の出し過ぎですから。「うっ」くらいで出す。気持ちいいの一歩手前くらいで抑えないとダメなんですよ。

コメント

2:匿名2016年6月20日 15:10 | 返信

「オナニー世界チャンピオン」とか「勝つためのオナニー」とか、異次元のフレーズがバンバン出てくるな。

1:匿名2016年3月 1日 09:48 | 返信

中学の頃だったら勝てたと思う(笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。