>  > アカデミー賞に抗議俳優の映画が中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
Concussion_160228.jpg
映画『Concussion』予告動画(YouTube「Sony Pictures Entertainment」公式ページより)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 いよいよ明日に迫った第88回アカデミー賞。例年、オスカー像獲得をめぐる賞レースの行方に注目が集まるが、今年はまったく別の話題もクローズアップされている。

 ことの起こりは、1月15日に発表された主要部門のノミネート俳優の顔ぶれをめぐってだった。アカデミー賞の常連でもある黒人映画監督のスパイク・リーが、自らのInstagramで招待されている今年の授賞式への欠席を表明したのだ。

「2年連続で俳優部門の候補20人全員が白人ばかりなんてことがあり得るのか? 」
「おれらは演技ができないというのか?なんだそれ!」

 確かに、今年の俳優部門(主演男優・女優、助演男優・女優)にノミネートされた顔ぶれは、初の受賞が期待されるレオナルド・ディカプリオをはじめ、20人すべてが白人なのだ。

「アカデミー賞はアメリカ社会の今を反映する鏡ともいわれています。1963年に黒人として初めてオスカーを受賞したシドニー・ポワチエをはじめ、過去には数々の俳優や監督が人種の壁を超えて賞賛されてきました。リー監督の言うように2年連続で起きた今回の事象は、アカデミー賞すなわちアメリカ社会の多様性が失われたとみられてもおかしくはない出来事です」(映画ライター)

 Twitter上では、「#OscarsSoWhite(オスカーは真っ白)」というハッシュタグが作られ、アカデミー賞の在り方が盛んに議論されている。

 同様の理由で授賞式のボイコットを表明したのが、『メン・イン・ブラック』などで知られる黒人俳優のウィル・スミス。妻で俳優のジェイダ・ピンケット=スミスと共に、授賞式への不参加を明言した。ウィルは、『コンカッション』という作品で、今年の主演男優賞ノミネート有力視されていたのだが、まさかの落選。当事者ということも相まって、一層の注目を浴びている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。