>  >  > 昭和初期まで存在した「裸族」の実態
日本奇習紀行シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

乱交

,

戸叶和男

,

日本奇習紀行

,

瀬戸内

,

裸族

【日本奇習紀行シリーズ】 瀬戸内地方

0212nakednude_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 先頃、人気バラエティ番組で、沖縄県・西表島の北にある外離島で全裸生活を送る高齢の男性が取り上げられ、注目を集めた。しかし、昭和初期頃までは、その程度の差こそあれども、このような生活を送る人々は日本各地に存在していたという。

 現在、島根県の山間の村で暮らす元漁師・野村忠五郎さん(94)は、かつて山を隔てた反対側にある瀬戸内地方で、そうした“裸族”を目撃した経験のある貴重な生き証人だ。


「もう80年近く前のことだけども、若い頃ね、ちょうどこの山の裏の方の海に出てさ、漁師の真似事をしていた時期があってね。そりゃあ当時はね、楽しい時期だったよ、おおらかでさ」


 野村さんが中学を出た昭和12年頃の日本は、やがて訪れる太平洋戦争との間、いわばつかの間の小春日和のような、そんな時代であった。後に世界で初めて原子爆弾を落とされる国になるとは夢想だにしなかった当時の国民の多くは、第一期世界大戦での勝利から、この国のさらなる発展と躍進を信じて疑わず、「実ににぎやかな時代だった」(野村さん)のだという。そうした時代の中、野村少年は貧しい実家の助けになればと山を降り、漁師の見習いとなった。


「漁師って言ったってね、大きな船じゃないんだ。こーんな小さな船でさ、おやじさんと沖へ出て、昼前にはだいたい仕事が終わって戻ってくる。おかみさんがこさえてくれる飯が本当に旨くてねえ…。本当、いい時代だったよ」

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年4月27日 05:54 | 返信

昭和12年、家が貧しく中学卒業後に漁師、ねえ…。
この時代は旧制中学だろう。
中学に進学できるのはわずか数%で、学費が高いから貧しい家庭の子が通うわけもないエリートコースだ。
「中卒」の意味が現在とまるで違う。
仮に在学中に家が傾いたにしても、卒業できたのなら漁師に奉公する必要はない。
どうやら、記事を書いた人は昭和12年も現在同様の小中学校義務教育制だと思っているらしい。
正気とは思えないほど無知だ。
それとも、こういう記述を混ぜることで、暗に「この記事は嘘だ」と言っているのか。

2:匿名2016年4月11日 10:20 | 返信

画像が外国人なのが頂けない。
一番左は男だし。
雑すぎませんか?

1:匿名2016年3月28日 20:20 | 返信

瀬戸内地方在住ですが、こんな話は聞いたことがありませんよ(笑)
正直な、ありえないです(笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?