>  > 河童にインタビューをする方法とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
sci_news_in.jpg
「サイエンスニュース・http://sciencenews.co.jp/)」

 今年1月にオープンしたウェブサイト「サイエンスニュース(http://sciencenews.co.jp/)」。「科学で世界をブリッジする」をコンセプトに、科学の世界とそうではない世界をつなぎ、科学の面白さをたくさんの人に伝えている。

 物理・数学・宇宙・化学・生物などの科学系のすべての分野をカバーし、難しい事柄でもより多くの人に伝えるためのわかりやすい、科学的知見に立った解説が注目を集めている。

 そんな「サイエンスニュース」で編集統括を務める、トカナでもお馴染みのサイエンスライター川口友万氏と、編集記者を務める山下祐司氏に、科学にまつわるあんなことやこんなことをインタビュー。(全8回)

 最終回となる今回は、テレパシーや幽霊の存在などの超常現象について、科学的にどうアプローチできるのか尋ねてみた。

0219int8_hon.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■テレパシーより電話の方が便利じゃん!

――今回は超常現象について聞いてみたいのですが、テレパシーとかいかがですか。

川口友万氏(以下、川口) テレパシーですか、機械使えば可能ですよね。

――機械で脳波を読み取って、イメージを伝達したっていうニュースがありましたね。

山下祐司氏(以下、山下) でも、メガネのようなもので目のあたりにLINEみたいな文字情報流したほうが早くないですか。機械を使ったテレパシーじゃ細かい情報は伝えられないですよ。脳から解読できているのは画像的に文字を取り出すこと。これは株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)で行われた有名な研究です。文字情報を細かく伝えるのは難しいんじゃないですかね。リアルタイムでどんどんやるのは、難しいですし。

川口 あと人を操るみたいな研究もあったね。2人組で、1人はテレビゲームさせて、もう1人が右って考えたら右に動くみたいな。「こっちにいけ」っていう指示が、感覚的にやっぱり分かるんだって。脳波計をつけてデータを送受信すれば、脳のどの場所で何をしているのかはわかってなくても、電磁パルスが相互に送られてくることで、ざっくりとわかるみたい。

――機械を使ってすでにできてるわけですね。

川口 いまはざっくりとしたものだけど、そのうち天才が出てきて進むかもしれない。テレパシーができて何が便利なのかわからないけど。

山下 電話でいいですよね。今となっては、テクノロジーの方が強いので。

川口 冷えきったライブ会場を一瞬で盛り上げることができるとか、そういうレベルならありかな、ちっちゃいヘッドギアつけて。

――今のところメリットは少ない感じですかね。

川口 あとは相手の本音を見たいとかそのへんかな、サトリサトラレみたいな。テレパシーのメリットってそれくらいですよね。

――それなら捜査にも使えますよね。

川口 携帯とかにテレパシー機能をつけられたらたまったもんじゃないすね。今○○してるって嘘ついても、全部筒抜け。そういう機能はいつか誰かが開発するだろうなって思うけど。

DSC_1779.jpg
山下氏

山下 MRI(核磁気共鳴画像法)を使ってこころを読み取ろうとしてたりしますね。ただ、できてもぼんやりとしているので、裁判で使えるようなレベルじゃないですけど。まあ、脳の活性化状況の違いから、いろいろと読みとろうっていう研究は昔からやってますね。

川口 嘘をついているときには、現実の会話のときに動く脳の場所とは違うところが動いているそうですよ。

山下 嘘つくときには、もう一本別の話作ろうと思いますね。

川口 でもどうせバレるんだよ嘘ついたって。嘘つこうとすると人は、やっぱり態度にでちゃうんだよ。

――人間の観察力を磨いたほうが早そうですね。

川口 まあそうでしょうね、だからメンタリストとか人気なんじゃないんですか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。