>  > 思わず見とれてしまうエロすぎる像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

スクープ

【情報提供者】
 ブナシメジ


【スクープ内容】

先日、ちょっくら富山旅行をした際に、たまたまナイスなオブジェに遭遇。見るからにエロすぎるおねーちゃん像です。

0229toyama1.jpg

往年の『GORO』の表紙のごとく寄せられた胸の谷間、そして絶妙すぎる恍惚の表情がたまりません。モデルさんが実在するなら、是非ともお会いできたらと思いますので、編集部の皆さん、よろしくお願い致します。

0229toyama2.jpg
0229toyama3.jpg


【編集部より】

 こんにちは、編集部です。

 編集部による霊視の結果、この像は富山県出身の彫刻家浦山一雄氏による、「バックレス」という作品だということがわかりました。その名の通り、後ろが広く開いたドレスを着ている少女をモデルにしているので、後ろからのアングルも実は見どころのようです。

 撮影された像が設置されたのは昭和61年ですので、モデルをされた方がいたとしても、30年以上前のことになり、なかなか探すのは難しそうです。しかしながら年月の経過を感じさせず、うら若き乙女の瑞々しさを表現しているのはすばらしいの一言につきますね。

 ちなみにこの像は高岡市以外でも、浦山氏が現在居住している荒川区や、山口県下関市の市民会館にも設置されておりますので、お近くの方は見に行ってみてはいかがでしょうか。(荒川区は、株式会社高橋宝飾の前に置かれています。)


【あなたのスクープで、読者を驚かせてみませんか?】

 トカナ編集部では、あなたの目線で捉えた日常にひそむ不思議な物体、生物、人物、事件などの情報を求めています。投稿は、コチラから!    

※UFO画像を送付したのに掲載されない……という方は、明らかにレンズフレアやホコリ・飛行機に当てはまってしまったケースです。未確認物体の場合は必ずスクープとして掲載いたしますので、まずはご投稿ください!

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。