>  >  > 【閲覧注意】背中に触手が生えた幼女の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 世界では、日々数多くの奇形児の話題が報じられている。しかし、その頻度がとりわけ高いのは、世界第2位の人口を誇るアジアの大国・インドだ。この“神秘の国”で、果たして本当に奇形児が誕生する確立が高いのか、それとも単に国民が奇形児に強い関心を寄せているだけなのか、実際のところはわからない。それでも、インドの奇形児たちの姿は世界を駆け巡り、私たちを驚かせ続けている。そしてまた一人、今度は「背中から触手が生えた幼女」の登場だ。

polymelia_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 先月16日、英紙「The Daily Mail」をはじめとする複数の海外メディアが報じたのは、首都デリーに暮らすヴァーシャ・セーナーちゃん。2014年生まれの2歳だ。生まれながらにして彼女の背中からニョキッと伸びていたという、不思議な触手をご覧いただこう。

polymelia_3.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 腰の少し上、脊椎の周辺から左向きに生えた、柔らかそうな触手――。まるで尻尾のように、先端に向けて細くなっている。母親のコマル・セーナーさん(24)は、生まれた我が子の姿を目にした瞬間のことを、「自分の娘にもかかわらず怖くて仕方がなかった」と振り返る。

 両親はその後、ヴァーシャちゃんに「ガネーシャ」というニックネームをつけて大切に育ててきた。ちなみにガネーシャとは、象の頭と人間の体、そして4本の腕を持つヒンドゥー教の神様だ。しかし、いくら娘の姿を高尚な神様に重ね合わせたところで、健康状態への不安が解消されることはない。結局、デリー市内のガバインド・バラブ・パント病院で精密検査を受け、ついに触手の正体が判明することになる。

polymelia.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 そしてヴァーシャちゃんに下された診断は、「先天性多肢症」。これは、双子の胎児の一方が何らかの理由で成長を止め、もう一方の胎児の体内に吸収されてしまった場合に起きる症状だという。つまり、本来ヴァーシャちゃんは双子として生まれてくるはずであり、彼女の脊椎から伸びている触手は、吸収したきょうだいの体の一部であったというわけだ。ちなみにX線写真からは、触手内部にしっかりと骨まで形成されていることもわかる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?