>  >  > 真田広之『Mr.ホームズ』インタビュー 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0229holmes_hon.jpg
『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』(C)Agatha A Nitecka / SLIGHT TRICK PRODUCTIONS

 誰しもが知っている名探偵・シャーロック・ホームズ。ベイカー街に住み、パイプと鹿撃ち帽をトレードマークとするこのキャラクターは、小説家・アーサー・コナン・ドイルによって生み出されて以来、130年にわたって世界中のファンに親しまれており、「シャーロッキアン」と呼ばれる熱狂的なファンを生み出している。

 3月18日から公開される映画『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』は、そんなシャーロック・ホームズの最晩年の姿を描いた映画だ。コナン・ドイル版のホームズにインスパイアされた小説家ミッチ・カリンが描いたのは、93歳になって家政婦とともにサセックスの農場で暮らす老探偵であり、30年前の未解決事件を解き明かす「最後の仕事」に出る姿だった。

 今回、映画化にあたって「ウメザキ」という日本人役を演じたのが、俳優の真田広之。国外に活動の拠点を移して10年。その演技は、すでにハリウッドスターとしての貫禄を放っており、その存在感は本作でも健在だ。いったい、イギリス人にとって「心の故郷」であるホームズに、真田は日本人としてどのように挑んだのだろうか?


■ホームズに憧れる日本人梅崎を演じる

――世界中にファンの多いシャーロック・ホームズシリーズですが、真田さんもやはり「シャーロキアン」のひとりなのでしょうか?

真田広之(以下、真田) ホームズの存在は子どもの頃から知っていたし、鹿撃ち帽にパイプという姿は印象に残っていますが、そこまで熱心だったわけではありません。本格的にシャーロック・ホームズの世界に触れるようになったのは俳優の仕事をするようになってから。ホームズシリーズの持つ、独特の世界観の面白さに目覚めたんです。最近でも、映画化された作品やテレビ化された作品はチェックしています。

0229holmes_hon2.jpg
『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』(C)Agatha A Nitecka / SLIGHT TRICK PRODUCTIONS

――今回の作品で、真田さんは日本人紳士の梅崎役を演じていますね。

真田 シャーロック・ホームズは、何百回と映画化されているシリーズ。そこに、いったいどうやって日本人が登場するのかと興味を惹かれたんですが、脚本を読んでみると、老いたシャーロックに絡む重要な役柄でした。日本人として、こんなにありがたい役はありません。ただ、唯一心配だったのが、終戦直後の日本や広島の姿が描かれるところ。戦争というデリケートなモチーフをどのように描くのかが気になって監督に電話をしたんですが、監督は日本文化への深いリスペクトを持っていました。電話の終わりには、「ロンドンで会いましょう」と話していました(笑)。

――今回、梅崎を演じるにあたって、こだわった部分は?

真田 梅崎は、父親の影響で英国文化に傾倒し、戦後すぐの時代であるにもかかわらず、洋館に住む英国風紳士として描かれています。歴史的なリアリティとフィクションとしての役柄のバランスを取らなければいけない役でした。リアルさだけを追求してもフィクションとしての意味がないし、フィクションとしての面白さを追求するあまりリアリティのない存在になってもいけない。そのバランスが難しかったですね。けれども、現場に入り、ホームズを演じるイアン(・マッケラン)とシーンを作り上げていくなかで、そのバランスは自然と見えてきました。

――イアンとは2回目の共演になりますし、阿吽の呼吸のようなものを感じます。

真田 ただ、実際に現場で会ったのは今回が初めてなんです。

――そうなんですか!?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。