>  >  > 【閲覧注意】自身の腹を撃ち抜いた脱獄犯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1603_datugoku_01.jpg
画像は、Art Gallery ErgsArt - by ErgSap / manet_suicide_c_1880 (from Flickr, CC BY 2.0)

 2月20日、動画共有サイト「LiveLeak」に「逃亡者」というタイトルで“自殺動画”がアップロードされた。自殺しようとしている男性は、どうやら「妻に見捨てられたため」自殺を決意したようだ。世界中どこにでもありそうな話なのだが、彼の場合は少し状況が込み入っている。

 動画はトータル4分程のものだが、男性が人だかりの前でショットガンを自身の首にあてている場面から始まる。人だかりの中には警察の制服を着た男性が数人おり、先頭に立って男性に話しかけている人も映し出されているが、交渉人なのだろうか。しかし、彼の努力もむなしく、最後に男性はショットガンで自身の腹を撃ち抜いてしまう…。

 トルコで撮影されたというこの動画。なぜ題名が「逃亡者」なのかというと、どうやら男性は刑務所から逃亡した脱獄犯のようだ。男性は妻に会うために、死ぬかもしれない危険を潜り抜き脱獄を成功させたという。しかし、最終的に妻に捨てられてしまい、全ての希望を失ってしまったのだろうか、自殺を決心したようだ。男性が腹を撃ち抜いたあと、妻だと思われる女性の泣き叫ぶ姿が映される。だが、動画は男性が担架に乗せられて救急車に担ぎ込まれる場面で終了。運ばれる男性の目は焦点が合わず虚空を見つめ、手は力なくぐったりと垂れ下がっている。

 トルコで脱獄と聞くと、 どうしても映画化された『ミッドナイト・エクスプレス』を連想してしまう。アメリカ生まれのビリー・ヘイズは麻薬密輸の罪で捉えられるが、刑務所の劣悪な環境に耐え兼ね脱獄、小型ボートを盗んで海を漂流後、幸運にも彼は母国アメリカへの帰国を果たし、『ミッドナイト・エクスプレス』という体験談的な小説を書き上げ、時の人となる。

 ビリー・ヘイズは脱獄後、一応のハッピーエンドを迎えたが、動画の男性は、どうだったのだろうか。自分の腹を撃ち抜くという手段を選んでしまったが、九死に一生を得ていることを願うばかりだ。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?