>  >  > オリエンタルラジオが何度も復活するワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
※イメージ画像:『オリエンタルラジオ公式チャンネル』より

 オリエンタルラジオが再々ブレイク中だ。ダンスミュージックを取り入れた新ネタ「PERFECT HUMAN」が、“普通に格好いい音楽”としてウケて、iTunesのミュージックチャートで1位を獲得。3月11日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演も決定した。同日には、ダンスミュージックの大家であるアンダーワールドも出演する。

 オリエンタルラジオといえば2005年に“武勇伝”ネタでブレイク。芸歴3年目までにレギュラー10本を持つ売れっ子芸人となるものの、間もなく人気は低迷。その後、不遇の時代を経て、中田が“オタク・インテリ”キャラ、藤森が“チャラ男”キャラで再ブレイクを果たしていた。今回で三度目の再々ブレイクと言えよう。

「PERFECT HUMAN」は中田の実弟でありダンサーであるFISHBOYを迎えたダンスダンス&ボーカルグループRADIO FISHによる楽曲である。ネタというより、ひとつのパフォーマンスだ。

 オリエンタルラジオは消えそうで消えない芸人と言える。彼らはなぜ強いのか。中田が著した自伝的小説『芸人前夜』(ヨシモトブックス)を読むと、彼らの芸に対する拘泥、生真面目さが伝わってくる。

 ふたりの出会いは保険会社の自動車事故受付センターのアルバイトだった。中田が初めて見た藤森は“極彩色のタンクトップを二枚重ねにして、サルエルパンツの裾を自前の紐で縛り、ピアスを右に二つ、左に三つ。すべての指にプラスチック製の指輪をし、頭にはターバンを巻いている”(p.39)ものだった。その姿はチャラ男を通り越して、本文に書かれている通り“若い石油王”そのものであろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。