>  > 155年前のネズミ捕り、スゴすぎる仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ネズミ

,

剥製

,

博物館

,

埋葬

,

清水ミロ

 作物を食い荒らし、病原体を媒介する衛生害獣として古くから忌み嫌われていたネズミだが、世界のあらゆる場所に生息し、そのすさまじい繁殖力で現在もその害獣ぶりを遺憾なく発揮している。そんな嫌われものだが、イギリスのある一匹の不運なネズミについて2月4日付の英紙「Daily Mail」が報じている。


■不運にも程がある!! こんな場所でこんな罠にかかったネズミ

 イギリス南東部、バークシャー州にあるレディング大学内の「Museum of English Rural Life」は田園の暮らしや農業にまつわる2万2千点の展示物を所有している小ぢんまりとした博物館だ。展示品の中には200年前の物もあり、観光スポットとして多くの人に愛されている場所である。

unluckiestmouse1.JPG
「どうだ! まだまだ現役!」という声が聞こえてきそうである 画像は「Above Science」より

 ある朝、博物館に出勤した職員がメールを確認すると「展示品ではないネズミ捕り器に、ネズミがかかって死んでいる」と困惑気味の助手からメールが届いていたのだ。

 それもそのはず、職員たちが見たものはヴィクトリア女王がイギリスを統治していた時代(1837-1901年)に作られたネズミ捕りにかかったネズミの死体だったのだ。しかもそのネズミ捕り器は、展示されていたわけではなく、保管場所のガラスケース内の棚に収納されており、オトリとなる餌もなく、ただホコリにまみれていたのだという。

 セキュリティ完備の館内と職員たちの目をすり抜け、重いドアをものともせず、ネズミが好んでかじりそうな布地やその他の展示品には目もくれずにガラスケースをよじ登ってたどり着いたのは、天敵であるはずのネズミ捕り器だったのだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年3月 9日 10:25 | 返信

「病原菌を運ぶ」というのがやっぱりネックなんでしょうかね。
確かに可愛いのに。でも共存するとなると結構大変そう。

1:匿名2016年3月 8日 00:54 | 返信

ネズミ可愛いのにね。不衛生な国。例えばフランスみたいに汚いとネズミが繁殖する。どうせならインドみたいにエサあげたりとネズミと共存したらいいのに。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。