>  > タクシー運転手の立ちションが問題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

chinataxi03
江西省上饒市でも。早朝6時40分と交通量の少ない時間帯だったそうなので、トイレを探しやすいと思うのだが……

【日刊サイゾー】

 2月21日、インターネット掲示板に投稿されたある写真が、物議を醸している。それは、上海の街中でタクシー運転手が信号待ち中に立ちションをするという、日本ではありえない写真だ。

 投稿者は「20年運転してきて初めて見た」とコメントしているが、ただし中国では、それほど珍しい光景ではない。「巴山財経」(1月22日付)は、黒竜江省ハルビン市で、タクシー運転手らによる立ちションが横行していると報じている。同紙は、公衆トイレが絶対的に少ないという課題を指摘しつつも、「危険な上に下品だ」と、極めて常識的に非難をしている。ところが、掲示板の書き込みでは、意外にも「理解できる」「男なら、どこで小便しようが問題ない」などと運転手を擁護する声が多い。

 そのほかにも、ネット上では、タクシー運転手が立ちションする瞬間を捉えた写真が散見される

 確かに中国では、日本の駅前ロータリーのように、タクシー運転手が客待ち中に行けるようなトイレがほとんどなく、彼らがよく集まる路地を歩いていると、尿臭がきついことがある。皆、そこで立ちションをしているのだ。こうした過酷な労働環境に理解を示す人も多いわけだが、理由はそれだけではないと、広州市在住15年の日本人男性(42歳)は指摘する。

「中国人は排泄行為に対して寛容です。先日は、地下鉄駅内で子どもにおしっこをさせている人を見ました。昔は上海のような都会でも、路上で子どもにウンチをさせる人をよく見かけたものです。道路の渋滞時などには、タクシーだけでなく、一般ドライバーもよく立ちションしていますよ」

 辺り構わずの放尿や脱糞は、犬猫と同じである。子どもはともかく、大人なら携帯トイレを利用すればいいと思うのだが……。
(取材・文=中山介石)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。