>  >  > 村全体で子どもをつくるロシアンルーレット射精

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

【日本奇習紀行シリーズ】 関東南東部房総地方

0308rinkanmura_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 巷では、浮気癖のある女性が子どもを生むと、誰が父親なのかわからないといった揶揄が、しばしばなされる。だが、世の中には、あえてそうした状態にするという、なんとも奇特な人々がいる。今回ご紹介するのは、かつて房総半島のある地域で行われていた、「ロシアンルーレット受精」とも言うべき、奇妙な風習だ。


「要はね、今にして思えば、寡婦対策だとか、子育て支援だっていう見方もできなくはないけれども、平たくいえば、どんな女も、村の男全員と交わるっていうことだからね(苦笑)。あれは単に大人の助平な嗜みだったんじゃないかな」


 かつて自身が目の当たりにしたという、そのなんとも不可解な風習についてそう証言するのは、千葉県在住の自営業・山崎鉄矢さん(仮名・62)。山崎さんの話によると、彼が生まれ育った房総半島のある集落では、古くから、事実上の輪姦とも言える行為が、大々的に行われていたという。


「とにかく全員だよ、全員(苦笑)。女たちは目隠しされているから、どの男とどんなことをしたかってわかりゃしないんだけれども、男たちからすれば、村の女全員のアソコの具合から乳の柔らかさまで何でも知ってるっていう状態。今にして思えばとんだ風習だわね」


 山崎さんの話によると、その集落に住む女性たちは、毎月15日になると、寄合所のような役割を果たしていたという寺の庫裏に集められ、まず、目隠しをされるという。その後、その寺の僧から手を引かれる形で順番に外へと連れ出され、そこに待機していた村の男衆たちと、相次いでセックスを行うのだそうだ。現代の我々の感覚からすれば、それこそ企画モノAVさながらの、実に驚くべき光景である。

コメント

9:匿名2016年4月21日 02:17 | 返信

こんなに頻繁に地方にライターを行かせられるなんて、トカナさんて経費が潤沢なんですねー。すごいなー。

8:匿名2016年4月16日 19:47 | 返信

そのエリアに住んでるけど聞いたことねーぞそんな話!!

7:匿名2016年4月 6日 23:24 | 返信

不快。住んでる地域が妄想エロ小説の舞台にされてとにかく不快。

6:ホラッチョ川上2016年3月31日 10:19 | 返信

民俗学を冒涜している
記事として書くのではなく
妄想体験記でも書くべきだ

5:匿名2016年3月30日 18:46 | 返信

ないないwww

4:匿名2016年3月28日 22:32 | 返信

嘘つき記者の妄想記事wwww

3:匿名2016年3月28日 12:51 | 返信

いい加減にしろ
住んでる人の気持ちを考えろ
嘘八百で嫌な気分にさせられる

2:匿名2016年3月27日 23:02 | 返信

この奇習シリーズは全部ウソくさい(笑)
普通に考えてありえない(笑)

1:匿名2016年3月27日 18:47 | 返信

地名を出せやホラ吹き

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?