>  > SEALDs奥田が古市にグサリ一言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:
okudaaki_160309.jpg
「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.124

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 リニューアルした「クイック・ジャパン」(太田出版)が話題になっている。新装刊第一弾となったvol.124の「ニュージェネレーション2016」と銘打たれた特集に、昨夏の安保法反対運動で一躍脚光を浴びたSEALDs・奥田愛基氏がフィーチャーされていたからだ。表紙には奥田氏の顔が大きく掲載され、ページをめくると、写真家・荒木経惟が撮り下ろしたグラビア、若手アーティスト・コムアイとの対談、さらには濃密な1万字のロングインタビュー……。

 しかし、筆者が注目したのはやはり、なんといっても、奥田氏と古市憲寿氏との対談だった。古市氏といえば、2010年代の「冷めた若者」の代表選手のような物言いで、メディアから引っ張りダコになっている若手社会学者。最近は自民党の稲田朋美政調会長はじめ安倍政権からも重用されており、いわば奥田氏とは真逆のような存在だ。

 しかも、この古市氏、議論のやり口がなかなかに狡猾。高みに立った冷笑的な態度で挑発したかと思うと、相手の意見にはまともに答えず、話をずらし、煙に巻いてしまう。

 今回の対談でも、古市氏はいきなり、奥田氏の印象について、こんな小馬鹿にしたような言葉を投げかけていた。

「なんか、会いにいけるアイドルみたいな感じなのかな」
「確かにおじいちゃんおばあちゃんは(奥田氏のことを)大好きだろうなと。若い子がデモしてくれて、しかもそれが自分たちの頃と同じような、安倍政権打倒とか、安保反対みたいな主張をしている」

 しかし、このタチの悪い若手論客のペースに奥田氏はまったく巻き込まれなかった。奥田氏らしくど直球で対抗し、逆に“古市的なるもの”の問題点を鋭く指摘して見せたのだ。

 まず、奥田氏は冒頭から、古市氏に対してこんな疑問をぶつける。

「『誰も戦争を教えてくれなかった』(2013年)にしても、若者は右傾化しているわけでもなければ、左傾化しているわけでもないっていう見方は本当にそうだなと。でも、そういったふうに、古市さんは自分の意見をあえて言わないスタンスを取りますよね。だから、本当のところはどう思ってるんだろうなというのは著作を読ませていただくたびに思うところで」

「自分の意見をあえて言わない」というのは古市氏の最大の特徴であり、もっとも狡猾な部分だが、奥田氏はいきなりそこを崩しにかかったのだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年3月16日 12:19 | 返信

今は東大出身者の評論家や物書きなどが
メディアには多くいますが、
この記事の古市憲寿氏
などは
発言として
親戚に子供が産まれた際には、「ネコ程度…」
と言ったり、
野球の話題では
「上から見たら米粒が何かやってるくらいな野球なんか面白いんですか?」
自分が直接見聞きした物事には理解は示すけど
違う観点からはモノを見れてないし他者への共感性や相手の立場の想像力などが欠落してる…
と思う事が多い人だし
昔問題になった
「完全自殺マニュアル」
などの著者の「鶴見済」
なども東大出身者ですが
理屈としてあったとしても、
そこに人間的な部分などはなく、
欠落してるな…
と思いましたし

社会学者の「宮台真司」氏なども
当時社会問題になっていた援助交際のフィールドワークと称してか、少女を相手に実際に援助交際をしていたという話を聞いた事がありますし

「ホワイトハンズ」
という障害者に対してのセックスボランティア事業を展開する
坂爪氏など
一見障害者の性について真面目に考えてるようで、
でも以前はその事業と平行して
「性を学ぶ合宿」と称して
童貞と処女を公募で集め、性の知識を深めさせる為の座学や、
座学はまだしも
実践として
なんの恋愛関係もない彼等をランダムでペアにし、
セックスを実践させる企画を立ち上げようとして
批判が殺到して、
行政もさすがに許可する事もなかったものの…
調べたところ
この人も東大出身者で
東大出身者が全員ではないにしろ
機械的な論理などはガチガチでも、
難しい理論だけで片付けられないような人間的な良心や感情論の部分など抜け落ちてる人が多いのでは?

と思わされる事があったし
ある脳科学のデータでは
東大出身者などには
発達障害などがある人が比較的多くいて、
一部の発達障害の症状として、
一つの物事に時間を忘れて打ち込む事がある面と
曖昧で抽象的な事などは理解しにくかったり、
人の気持ちを汲み取る能力などが高くない…
と、例に出した東大出身者の言動に当てはまる要素が多々見受けられたんですよね…
ネット記事では
「古市憲寿氏はアスペルガーでは?」
という書き出しで始まってそれを分析するものもあり
一部のオタクにしても一部の東大出身者にしても
取捨選択できる選択肢の中では
心の部分や感受性から物事を見る事は
いたずらに脳神経を使うとして必要性のない事だと切り捨てた結果、
人間性の部分でズレが生じているのか、
本当に人の気持ちを汲み取る部分などの障害があるかのどちらかかな…
と思う事があります。
あと名前を挙げた人物全員が
東大で社会学を学んでいる…
という事実も注目する必要があり

人間性やモラルは家庭内や義務教育の間に身につけるもので
大学以前に身につける素養とされていて
大学で改めて学ぶこともないのでしょうし

実際の教育の現場でもこなさなければいけないカリキュラムが多くて道徳教育や人間性の指導は追い付かない…
という現状なら
教育の在り方に関しても考え直すべきであり

古市憲寿氏のような理論はあっても人間性に偏りがある学者が政治的意見を述べるようなポストに置くのは危険だと思います

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。