>  > 戦後日本に戻らなかった残留日本兵の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

残留日本人

,

王城つぐ

0310zanryu_01.jpg
※イメージ画像:『残留日本兵 アジアに生きた一万人の戦後』(中央公論新社)

 天皇皇后両陛下が1月下旬、フィリピンを訪れ、残留日本人の二世と会見した。彼らは戦前からフィリピンへ渡った日本人移民や、戦時中にフィリピンに駐留した日本兵と現地の女性の間にできた子どもたちだ。今回の訪問は、日本とフィリピンの国交正常化60周年を記念してのものである。それとともに、戦後70年を超え「あの戦争」を捉え直す契機ともなろう。

 フィリピンに限らず、1945年の終戦後、さまざまな理由で日本へ戻らず現地にとどまった日本人は多い。その数は日本兵だけでも1万人におよぶといわれる。

 林英一『残留日本兵:アジアに生きた一万人の戦後』(中公新書)は、残留日本兵の実態を解きあかした秀作である。著者は1984年生まれの若い研究者だ。本書の執筆時は20代。本書のほかインドネシアの残留日本兵に関する著作も多数上梓している。

 本書の冒頭には、3名の実在する元日本兵が登場する。「生きていた日本兵」といえば、横井庄一さんと小野田寛郎さんであろう。横井さんはサイパン島で28年間、小野田さんはフィリピンのルバング島で30年間を過ごした。だが、同時期にもうひとりの“日本兵”が発見されたことはあまり知られていない。インドネシアのモロタイ島で発見された中村輝夫さんだ。彼は台湾の原住民である高砂族の出身であった。中村は日本への帰国を望むも、台湾へと送られる。著者はこれらの事例について“戦争の記憶は商品化され、ノスタルジックに消費されてきた”と批判的にとらえる。

 有名なエピソードの裏に、無数の残留日本兵たちの姿がある。その実態を、史料を駆使して調査したものが本書である。戦争に関する記録は、新聞雑誌テレビの報道ばかりでなく、学術的な研究から自費出版の回想録まで、無数に存在する。それらの史料を収集し、読み込み、実態の整理を試みる。“残留日本兵の多くは、激戦が繰り広げられた地域というよりは、大して戦闘が行われなかった地域で発生している。ましてや、個々人が残留に至った動機は、より私的で多様であり、なおかつ複合的である”と著者は指摘する(p.32)。

 本書では1万人のうち100人の事例を整理し、残留理由を整理している。その1万人の内訳はおよそ以下の通りである。

 ソ連・モンゴル。最大800人あまり、1939年のノモンハン事件の残留捕虜

■中国、5600人(共産党側3000人、国民党側2600人)
■インドシナ(ベトナム、ラオス、カンボジア)、700~800人
■タイ、約1000人
■マラヤ(マレーシア、シンガポール)、200~400人
■オランダ領東インド(インドネシア)、903人
(p.34-35)

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年3月23日 05:11 | 返信

この記事の場合「口伝(くでん)」と言って欲しかったな。横文字でなく。

1:匿名2016年3月20日 12:28 | 返信

「受け入れたがい」になってますよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。