>  >  > 奇習!黒人の子どもたちの干した遺体を秘薬に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

奴隷

,

戸叶和男

,

日本奇習紀行

,

黒人

【日本奇習紀行シリーズ番外編】 黒人奴隷

0311kokunidore_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 今年のNHK大河ドラマ『真田丸』では、戦国時代の武将・真田幸村が主人公となり、荒れ狂う激動の時代の中で華々しく活躍し、そして散った武人の姿が描かれている。だが、そうした戦国時代の武将の中で、今なお多くのファンを擁するのが、乱世の風雲児としてその名を轟かせた“第六天魔王”こと織田信長だ。

 そんな信長は、その晩年、宣教師によって日本に連れてこられたという黒人奴隷に、弥助という名前をつけてかわいがり、自ら風呂に入れるという、愛玩動物のような偏愛ぶりを披露したとされる。そして、それ以降の江戸期から昭和初期までは、一般の民衆の間でも、自分たちと肌の色が異なる人たちを、なんとも奇妙な形で求める者が存在していたという。


「明治維新、そしてその後の急速に近代化が行われた昭和初期までの日本では、今のように外国人は多くありませんでした。ましてや黒人ともなるとその数はさらに少なく、一生のうちで一度も黒人を見たことがないまま、その生涯を終えていた日本人も多かったと考えられます」


 今回、我々の取材に応じてくれたのは、現在、某県の郷土資料館に勤務している学芸員・Kさん(47)。Kさんによると、黒人と日常的に接することがほとんどなかった頃の日本人の一部の層においては、彼らの存在を巡って、なんとも奇妙な風潮が広まっていたという。


「成人の黒人が珍しかった時代ですから、その子供となるとさらに珍しかったんですね。でも、おおっぴらにはされていないものの、彼らは明治時代頃から徐々に奴隷として我が国にやってきていたんです。無論、その数は決して多くはなかったのですが、それゆえに、富裕層にとっては、特殊な価値を持っていたのです。売られてきた黒人の少年少女の肉体を“秘薬”として珍重していたのはまさにその頃でした」

関連キーワード

コメント

6:匿名2016年4月27日 05:07 | 返信

明治に改元した頃にはすでに南北戦争は終わっていたんだが…

5:匿名2016年3月15日 15:05 | 返信

学芸員Kさん?
なぜ名乗れない?なぜ匿名?
事実や文化を語っているだけなら、普通に名乗れるだろうが。

「文明国家の先進的な民族を気取る我々日本人」
気取る??
この一文に日本人への憎悪・悪意を感じるのは当然のこと。

4:匿名2016年3月13日 23:27 | 返信

昔のことだし何ら不思議ではないだろう
記事にも書いてあるようにミイラの話だってあった
野蛮な文化は人類共通

3:匿名2016年3月12日 23:50 | 返信

ネトウヨ怒りの妄想・フィクション認定wwwww
妄想・フィクションだらけのウヨメディアは鵜呑みにするくせにwwwww

2:匿名2016年3月12日 17:29 | 返信

この記事はフィクションであろう.
そうでないなら出典を記せ

1:匿名2016年3月12日 17:17 | 返信

妄想も過ぎれば病気。どこぞの民族と同じになる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?