>  >  > 内臓とペニスを売るために殺された4歳児

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

FlayedCorpse.jpg
画像は、Wellcome Images / Chalk drawing of a flayed corpse (from Flickr, CC BY 2.0)

 臓器売買とは、臓器移植のために金銭によって人間の臓器を売り買いすること。日本では1997年に施行された臓器移植法により、臓器の提供やあっせんの対価としての金銭の授受を禁じている。また、臓器提供のあっせん業者は厚労相の許可が必要であり、営利を目的にすることも禁じられている。しかし、アフリカ西部に位置するナイジェリアでは臓器売買が横行し、悲惨な事件が起こっているようだ。

 実際に起きた事件や事故のニュースを掲載する18禁サイト「Best Gore」に衝撃的な画像が公開された。タイトルには「4歳のアフリカの子どもが臓器のために殺された」とあり、小さな子どもを抱えた青年の写真がアップされている。しかし、青年が抱える子どものお腹は広く長く切り裂かれ、首元にも深い傷が見える。そして、あろうことかペニスも切り取られた跡が見られる。そんな悲惨な姿の子どもを抱えているわりに、青年の表情は落ち着いており、どこか作り物に見えてしまうほどだ。

「Best Gore」によると、この4歳の子どもを殺した青年の年齢はなんと16歳。ナイジェリアの南西端・ラゴスの小学校に4歳の子を連れ出し、はらわたを抜き取った。そして青年は新鮮な臓器と子どものペニスをとある人物に渡し、5万ナイラ(日本円にして僅か2万8000円ほど)を受け取ったという。

 ナイジェリアには「赤ちゃん工場」というものが存在する。可愛らしい名前と思うかもしれないが、別名は「赤ちゃん農場」とも呼ばれている人身売買ルートのことを意味する。その“工場”では、拉致監禁した十代の若い少女をレイプし、赤ちゃんを出産させて、その赤ちゃんは臓器移植用に人身売買されているという。

 2003年にナイジェリアで人身売買は法律で禁止になったが、詐欺、麻薬売買についで3番目に多い犯罪だと言われている。今回2万8000円のために4歳の子どもを殺害した16歳の青年の、どこかやるせないような表情には、ナイジェリアの闇を感じさせるものがある。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

7:匿名2016年3月22日 13:56 | 返信

神様って信じますか?

…それにしてもエロい

6:匿名2016年3月17日 15:11 | 返信

>>5

はいはい、残酷だねー。よく知ってるねー。すごいねー。
ここで義憤に駆られても仕方なかろ。
頭冷やしな。

5:匿名2016年3月15日 14:23 | 返信

>>4
これでも慈悲の心があるやり方なんだがなw

本来なら、手足の指を1本ずつ抜いては傷口に岩塩を突き刺してから手足を切断し、恐ろしく汚い糞尿が入った大壺の中に首だけ出して沈め、徐々に体が腐って激痛に襲われながら泣き叫ぶ姿を、じっくり被害者遺族に見物させながら石打ちで首を狙わせる。それでも死ぬまでには10日ほどかかる。ちなみにこれは、その昔、隣国でやられていた刑死の一方法。人間の残酷さは昔から底知れないのだよ。

お優しい時代に生きる者には想像もつかないことを我々人類はしてきたのだ。それから目を背けても起きたことは何も変えられない。おまえたち原始人(人類)が幸せになれない理由の一つだ。

4:匿名2016年3月15日 04:12 | 返信

>>1

お前も頭の中は鬼畜やな

3:匿名2016年3月15日 01:18 | 返信

16歳がこんなことしなきゃいけない環境が恐ろしい。

2:匿名2016年3月14日 23:32 | 返信

そんな端た金でこの子は殺されたんだ。
私日本に生まれてラッキーだわ。

1:匿名2016年3月14日 22:59 | 返信

鬼畜にも劣る所業。
一番痛くて辛い死に方である火あぶりの刑に処すべき。
しかもゆっくり数日かけて丸焼きにするのが相当。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?