>  > 上原亜衣は? AV女優の引退後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
ueharaai_160325_top.jpg
上原亜衣『キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー』(双葉社)


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 昨年は、浅野えみ、有村千佳、希志あいの、桜井あゆ、美雪ありす、Rio、瑠川リナ、柚月あいなど、人気AV嬢の引退や引退宣言が近年まれに見るほど立て続けに起きた年だった。

 そのなかでもとりわけ大きな話題を呼んだのが、上原亜衣の引退宣言だ。豊洲PITで行われていた国内最大規模のAVイベント「AV OPEN 2015」のステージ上で突如明かされた引退宣言はツイッターを中心に一気に拡散。その日だけで、「上原亜衣」に関するつぶやきは3万件にも達し、『NEWS WEB』(NHK)内の、その日のホットワードを紹介するコーナー「つぶやきビッグデータ」に現役AV嬢である彼女の名が登場するという珍事も起こした。

 そんな彼女が最近『キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー』(双葉社)というフォトエッセイ集を出版。そのなかで引退後の進路についてこのように綴っている。

〈AVで培ったワザを活かせる仕事はないか──。
 セクシータレントとして、中国や台湾で頑張ってみるのもいいかもしれない。アダルトゲームの声優さんも、やってみたい。そんな道を考えるようになりました。
(中略)AVの監督にも興味があります。出演者だから気づく視点みたいなものもあるはず〉
〈これからの活動について、いくつかやってみたいことが出てきたと書きましたが、あくまで、なんらかの形でAV業界に携わることをしていきたいと思っています。"AVあっての上原亜衣"です。今でもAV女優であることに誇りを持っています。逆に言えば、AVをやっていない上原亜衣は、上原亜衣ではないのです。だから、一般のタレントや女優としての活動をする予定はありません〉

 5年間の活動期間で1000本近くの作品に出演し、「DMM. R18アダルトアワード2014」では「最優秀女優賞プラチナ」を受賞した誰もが認める「AV女王」の彼女は今後もAV業界で活動し続けるようだ。

 彼女のように、女優としての経験を活かして引退後もAV業界に残るパターンは多い。「SPA!」(扶桑社)2016年3月8日号の特集「「元AV女優」の職業」に登場する水嶋あいさんもその一人だ。現役時代300本以上もの作品に出演した経験と人脈を活用し、現在はヘアメイクとしてAV業界に携わっている。

「もともと美容系の仕事にも興味があったので、現役時代からメイクの学校に通っていました。両立は大変だったけど、女優として呼ばれるいろんな現場で、『実はメイクを勉強してる』って話すと、『じゃあ今度ウチの現場に来てよ』と仕事に直結することも多くて、女優業をやりながら同時に自然と営業にも繋がったので効率もよかったんですよね。収入は現役時代より減りましたが、一般のサラリーマンぐらいは稼ぎます。昔から顔見知りのスタッフさんも多いので信頼関係もできてるし、勝手知った現場だから、『撮影の流れを止めない、使えるメイク』として重宝いただいています」(「SPA!」より)

 このような事例は、AV女優としての経験をその後に活かした好例と言えるだろう。また、同じように元AV嬢としてのキャリアを活かす道としては、タレントへの転身というパターンもある。しかし、これは、及川奈央や飯島愛のような成功例もあるものの、なかなか難しい。S1専属女優としてデビューし人気を集めていた持田茜(今の芸名は「しじみ」)さんは「AV時代のファンはほとんどいないですよ」と語り、AV引退後にタレントや役者へと転身する厳しさを語る。

「年を重ねるごとにAVの仕事は激減。引退後はVシネの仕事などもしながら役者を目指したのですが、最終的には東中野で家賃2万円のアパート暮らし。貧乏役者生活も楽しかったけど、28歳まで売れる気配もなくて、『就職しよう』と地元に帰りました。でも、NGなしのAV女優をしてた私には、普通の仕事は物足りない。結局、また今年1月に上京してきて、イチから役者を目指しています」(「SPA!」より)

 AV時代に獲得したファンを、タレントや役者に転身した後も繋ぎ止めておくのは難しい。〈一般のタレントや女優としての活動をする予定はありません〉としている上原亜衣のキャリア選択はその点では正しい戦略と言えるのかもしれない。

 ただ、このようにAV引退後も表舞台に立ち続ける道を選ぶのはほんの一部。大半の女優は引退後、一般企業で働いたり、結婚して主婦になるなどしている。そして、その大半は自らの過去が新天地でバレることに恐怖を抱いている。

 就職しようとしてもまず、採用時の履歴書から問題が生じる。普通の企業に提出する履歴書の職歴にAV女優としての経歴を書くのは当然ながら心理的な障壁がある。ただ、それはAV関係のプロダクション側も分かっており、「ウチは人材派遣業で登録しているから派遣社員にすればいい」と指導しているようだ。それでも、面接で細かい業務内容などを聞かれたらボロが出そうな気もしないでもないが......。

 そして、ことがうまく進み採用となっても過去の経歴がバレる恐怖からは逃れられない。なかには、AV女優としての過去がバレたことで出演作のパッケージのコピーが職場にバラ撒かれるなどイジメに発展。それにより退職を余儀なくされた経験から国外に新たな道を求め、東南アジアの日系現地法人に就職したケースもある。彼女は営業成績の良さから、現地採用ではなく日本での勤務に雇用契約を見直す話が出ても、過去のトラウマのため断っているそうだ。

 ヘアメイクとして過去のキャリアを活かすことのできたケースとは真逆で、これは、AV女優としての経歴により人生を狂わされてしまった事例だ。AV女優として働いた過去は、それが武器になることもあれば、自分の人生を壊す爆弾となることもある。

 元AV女優から日本経済新聞の記者になり、現在は社会学者・文筆家として活動する鈴木涼美氏は、かつてよりAV業界の暗いイメージは少なくなり「選ぶ職業によっては"元AV女優"という肩書が、武器や強みとして生かせる場所が増えているんです」としながらも、それは広い世間のごくごく一部であると自らの体験を交えながら語っている。

「ネガティブイメージが強いからこそ肩書に破壊力がある。私も週刊誌に過去を暴露されたときは親に迷惑をかけたり、元勤務先からも『日経のブランドに傷をつけた』など、やっぱりいろいろ言われました。世間の反応が緩くなってきたからといって、その肩書はただ有名になれたり、人よりも目立つことができるような"万能パス"じゃない。『良くも悪くも元AV女優というレッテルは一生ついて回るんだ』という自覚が必要です」
「受け入れられやすくなっていても、それは都会だからこその風当たりの変化だったり、価値観かもしれない。地方に行ったり、一般人として結婚や恋愛をしようとしたとき、どうしても元AV女優という肩書は鎖のように行動を制限してきます。だからこそ常に、『自分は他人や世間からどう見られているのか』を考える必要があります。肩書の力が強すぎるからこそ、公表したらどう見られるか、損得はどれくらいかなど、元AV女優は人一倍"世間の空気を読む力"が問われてくるのです」(「SPA!」より)

 過去のキャリアを新しい仕事でどう活かすかを考えるのは、どの転職希望者も同じだが、「元AV女優」の肩書をもつ人たちは、より難しい舵取りを迫られるのは想像に難くない。

 本当なら、そういう「覚悟」や「自覚」の必要のない、過去の経歴と関係なくさまざまな可能性が開かれるような社会になれば、一番いいと思うのだが...。
(田中 教)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。