>  >  > 来る巨大地震を生き抜く秘策は“自己中”?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

3.11

,

地震

,

東日本大震災

,

津波

,

百瀬直也

,

神社

311_5yrs2.jpg
画像は「Thinkstock」より

 東日本大震災から早くも5年。この大災害における死者・行方不明者は1万8千人以上となった。巨大地震と想像を絶する大津波で犠牲になった人々の死を無駄にしないためには、この大災害で「注意を怠っていた」「津波から逃げ遅れた」ことの原因を明らかにするとともに、「助かった」という例から学ぶことが求められる。今回の記事では、あの震災から私たちがどのような教訓を得られるか、考えてみたい。


■家を飛び出す前に心がけたいこと

 東日本大震災では、犠牲者のうち約90%の死因が水死となり、津波により命を落とした人が圧倒的に多かった。それでも、600人を超える人が地震による被害で亡くなっている。では、この地震でどんな危険性があったのだろうか。

 筆者は本記事のために、フェイスブックの「地震前兆・体感検証」(以降「FBグループ」)という非公開グループ上で、大震災の体験談を募った。すると、数名のメンバーが貴重な情報を提供してくれた。以下はそのひとつだ。

 茨城県ひたちなか市の海沿いにある自宅で被災した女性Aさんは、震度6強の揺れが襲った時、小さな娘を抱いて家の外に出た。飛び出したすぐ後ろで、屋根瓦が滝のように落ちてきたという。あと数秒遅ければ、直撃は免れなかっただろう。ここから得られる教訓は、家を出る際には防災頭巾や座布団等で頭を保護すべきということである。また、家屋崩壊の危険がないようならば、揺れが収まるまで屋内にいた方が安全かもしれない。この話は、あわや「逃げ遅れた」ケースになるところだったが、慌てて家を飛び出ることによるリスクも頭に入れておかなければならない。

関連キーワード

3.11

コメント

1:匿名2016年3月14日 05:35 | 返信

ここだけでしか書けないが
大昔に何度も何度も大津波が来襲した地域に何で何度も何度も住もうと考えるんだろうか。

ヨーロッパのどこかの首相が「なぜ学ばないのか?同情できない。」と言っていて何とも言えない気持ちになった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。