>  > 風俗嬢が見た東日本大震災と被災地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
shinsai_160312_top.jpg
小野一光『震災風俗嬢』(太田出版)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

「どうしていいかわからない。人肌に触れていないと正気でいられない」

 これは震災後、宮城県石巻市のデリヘルに来店した被災男性の言葉だ。

 5年前の東日本大震災、東北の沿岸部には巨大津波が襲い、多くの人々の命と生活を奪った。それは地元の風俗業界に従事する人々、そして客として通っていた男性たちも例外ではない。そんな被災地の性風俗、特に風俗嬢にスポットを当てたのが『震災風俗嬢』(小野一光/太田出版)だ。震災からほどなく仕事を再開させた風俗嬢たちを通して描かれるのは、時に親しい人を亡くし、絶望の中でも癒しを求め、それに応じようとする様々な人間模様だ。

 石巻のデリヘル店に務めるチャコさんは息子のいるバツイチ女性。震災前から生活のためにこのデリヘル店で働き、石巻市の北西に位置する登米市で被災した。家族は無事だったものの3週間避難所で生活し、11年4月になって仕事に復帰する。

 復帰したチャコさんの元には、地元の人を中心に以前より倍近い客が押し寄せたという。ほとんどが震災の被災者だ。それはラブホテルの空き待ちで車の列ができるほどだったという。

「避難所にいてお風呂に入っていないという人が多かったですね。当時市内では何軒かラブホが再開していたんですけど、そこではお湯が使えるから、背中とか躯をしっかり洗ってあげて、それから湯船につかってもらいました。あと腕を骨折していてシャンプーとかしてあげました」

 震災から1カ月ほどたった時のことだ。中には避難所から彼女たちを求めホテルに行きデリヘルに電話して来る人、家族を亡くした人も当然いる。それが冒頭の「正気でいられない」という言葉を残した男性だった。

「三十代後半の人です。子供と奥さんと両親が津波に流され、長男と次男は助かったらしいんですけど、いちばん下の男の子と奥さん、あと両親が亡くなったそうです」

 この男性はプレイの後で添い寝をしてほしいと言い、チャコさんはそれに応じた。チャコさんによれば震災前はガツガツしていた客が、元気がなくなり優しくなったと感じたという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。