>  >  > 「死人が出なければいいが…」読売グループがキラーモード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:巨人, 野球賭博, 闇社会
「死人が出なければいいが…」野球賭博再燃で読売グループがキラーモードに突入! 闇社会の人間も真っ青!

 野球賭博問題が再燃し、球界が大混乱に陥っている。昨年11月に発覚した巨人の福田聡志、松本竜也、笠原将生の3選手に続き、新たに高木京介の関与が判明。  これまでの3人と違い、高木はバリバリの1軍投手。「巨人軍は紳士たれ」はもはや遠い昔の言葉で、25日のプロ野球開幕を前にミソをつけた形だ。その高木は9日に記者会見を行い、一連の騒動の“元凶”が笠原と飲食店経営者で野球賭博常習のB氏であると公表。...

人気連載

奇習!母娘の「親子丼」を正当化した邪悪な男たち―ある資産家男性の告白

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 ※イメージ画像:Think...

顔に改造ウジ虫を垂らし、死人続出! 理解不能な【封印ナチス映画】『ヒットラー蘇生計画』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...