• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ギャンブルジャーナル

【ギャンブルの“本質”に切り込む ギャンブルジャーナルより】 先日11日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)が発表した「ロンジンワールドベストレースホースランキング」で、日本のドゥラメンテ(牡4歳 美浦・堀厩舎)が121ポンドで世界一の評価を受けている。

これは一昨年のアメリカ2冠馬で、昨年のドバイワールドカップ(G1)2着馬カリフォルニアクロームと、昨年のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1)の勝ち馬ポストポンドと並んでの世界1位タイであり、非常に価値のあるもの。26日のドバイシーマクラシック(G1)での世界制覇にも期待が膨らむばかりだ。

しかし、世界競馬に精通した関係者に話を聞くと「実質的な世界NO.1は他にいる」と皆が口をそろえているのだ。

実は今、アメリカの競馬界で「半世紀に1頭の逸材」と評判の馬がいる。

半世紀と言えば50年だが、日本競馬で50年前といえばシンザンが日本競馬史上初の三冠馬になったのが1964年。つまり今、日本競馬で「半世紀に1頭の逸材」といえばディープインパクトか、はたまたシンボリルドルフか。オグリキャップやサイレンススズカの名を挙げる人がいてもおかしくない。

言い換えれば「日本競馬史上の最強馬を1頭選べ」というレベルの馬だということだ。

今、アメリカ競馬界の話題の中心にいる“天才少女”の名はソングバード。まだ3歳牝馬に過ぎない彼女が、どれくらい優れた評価を受けているのかは、先日の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」の評価120ポンドを見れば一目瞭然。つまりは、ドゥラメンテらと僅か1ポンド差の世界4位タイということだ。

まだクラシックさえ始まっていない春の3歳牝馬の120ポンドというのは、世界競馬の歴史的に見ても類を見ない評価の高さだと思われる。ドゥラメンテらが弱いのではない。ソングバードの評価が「異常」なのだ。

それもそのはず、昨年7月のデビューから6戦6勝は当然として、2着馬につけた着差は30馬身以上。つまり1競走あたり、平均5馬身以上の差をつけて楽勝し続けているということだ。

さらに昨年のエクリプス賞2歳牝馬チャンピオン(最優秀2歳牝馬)を決定的にしたBCジュベナイルF(G1)では、同世代の2歳牡馬NO.1決定戦のBCジュベナイル(G1)を1秒上回るタイムで圧勝。2着には、やはり5馬身以上の差をつけている。

気になるソングバードの進路だが、アメリカの競馬ファンの多くはケンタッキーダービー(G1)を始めとした「牡馬クラシック」へ進むことを希望しているようだ。

日本でも2007年にウオッカがダービーを制したことを始め、アメリカでも2007年にラグストゥリッチーズがベルモントS(G1)を、2009年にはレイチェルアレクサンドラがプリークネスS(G1)を制したように、卓越した能力を持つ牝馬であれば同世代の牡馬のトップクラスと引けを取らないことは、今や世界の競馬で常識になりつつある。

だからこそ、この“天才少女”には世界中の競馬ファンが大きな夢を描いている。だが、肝心の馬主は牡馬クラシック参戦に難癖をつけているようだ。

ソングバードの馬主リック・ポーター氏曰く、指定された前哨戦でポイントを稼がなくてはケンタッキーダービーの出走枠に入れない現在のルールがネックになっているらしく、「それはこの時期の牝馬には酷だ」と話している。

そして現在、ポーター氏の発言を受けた世界中の競馬ファンやマスコミからは、アメリカ競馬の現行ルールの改正を求める声が日に日に高まっているらしい。

無論、ルールをその都度変えていては規則そのものの信頼性が揺らいでしまうため簡単には変わらないだろう。ただ、こと競馬においては「一頭の傑出した競走馬」の存在がルールに影響を与えたという話は確かに存在する。

例えば、日本ではオグリキャップのクラシック出走にまつわるが有名だ。

結果的にオグリキャップのクラシック出走は叶わなかったが、その後に追加登録料を支払えばクラシックに出走できるように改変され、実際に制度を利用したテイエムオペラオーが皐月賞(G1)を制している。

そう考えれば、アメリカ競馬が迅速な対応を取ることで、もしかしたらソングバードの牝馬による史上初の牡馬三冠もあり得るということだ。

果たして、この“50年に1人の天才少女”は今後どこへ向かうのか。いずれにせよ一度日本で、アメリカ競馬の至宝の走りを見せてほしいものである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。