>  >  > 9歳の娘を23年間、監禁&性奴隷にした父親の狂気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 ニュージーランド最悪のレイプ犯とも言われる男ロナルド・ファン・デール・プラートが、今年5月11日に刑期を終え釈放される。専門家からは再犯の危険性が高いという指摘もある中、ともあれ2001年に投獄されてから15年という刑期をまもなく終えるのだ。

■再犯の可能性が高い監禁レイプ魔が釈放される

 イギリス「Daily Mail」紙などのレポートによると、ファン・デール・プラートは2001年から、娘のタンジャス・ドレークさんを23年もの間にわたり性奴隷にし、暴行を加え続けた罪で裁かれ、15年間の投獄という罰を受けている。タンジャスさんは、自分のプライバシーの権利すらも放棄し、この父親が裁きを受け、二度と自分に近づかないように願うとともに、その一連の性的暴行を記した自著『Flight of the Dancing Bird』を出版し、その忌まわしい記憶を乗り越えようともしている。

enslavedowndaughter1.JPG
NZ Herald」より

 9歳の時に、初めて父親から性的暴行を受け始め、12歳の時の妊娠や、性病の感染などは、タンジャスさんが受けた性的暴行の一部でしかなく、ひどい時には足首を縛られ、天井から吊り下げられ、頭を箱の中に押し込められたままの状態で暴行を受けるといった、常軌を逸脱した性的暴行は、彼女が30を過ぎるまで23年間にわたり続けられた。裁判の際には「法廷で裁く以前に、ファン・デール・プラートの性的暴行は常識的な性の概念から乖離しており、普通の性的暴行事件と同様には考えることが難しい」との裁判官の発言さえあったという。

Flight of the Dancing Bird

Flight of the Dancing Bird

プライバシーを放棄して著した23年の記録

コメント

3:匿名2016年7月 5日 10:29 | 返信

同じく23年間、投獄されるべきだと思います。

2:匿名2016年6月 4日 14:40 | 返信

23年間性奴隷にした罪で、2001年から15年間投獄されたって意味だと思います。

1:匿名2016年4月 2日 16:22 | 返信

2011年から23年間??
今年2016年だよね・・・

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?