>  >  > ショーンKも仰天の学歴・経歴詐称4選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ショーンK

,

,

天才

,

学歴

,

詐欺

seank.jpg
画像は『「自分力」を鍛える』(あさ出版)より

 今月16日発売の「週刊文春」が、経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクドアール川上(47)の“学歴詐称”を報じた。彫りの深い顔立ちと美声を生かし、「報道ステーション」(テレビ朝日)や「とくダネ!」(フジテレビ)、ラジオ番組のパーソナリティー、コメンテーターとして活躍しているショーンK。今回の報道を受け、学歴や経歴に誤りがあったことを認めた上で、当面の活動自粛を発表。4月から放送予定の新ニュース番組「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ)で務める予定だったMCも取りやめとなった。

 学歴や経歴は、しばしばその人の印象や能力と直結する。そのため、これらの詐称行為は、とりわけ詐欺師が好んで使う手口として知られている。まさかショーンKに限ってそのような人物であるはずはないと信じたいが、古今東西、学歴や経歴を詐称することで人生を変えてきた者は数多くいるのだ(犯罪性の有無にかかわらず)。そこで今回は、ショーンKをはるかに凌ぐ鮮烈な学歴・経歴詐称によって後世にその名を轟かせた人物を4名、厳選して紹介しよう。


■伝説の詐欺師になるため学歴詐称! フランク・アバグネイル

FrankAbagnale.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 白髪と明るい笑顔が特徴的な、親しみやすそうな米国人フランク・アバグネイル。しかしこの男、過去に学歴や経歴の詐称によってパイロットや医師、弁護士、刑務所職員などになりすまし、人々から金を騙し取り続けた「伝説の詐欺師」である。その強烈すぎる半生を記した自伝的小説『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は、レオナルド・ディカプリオ主演で2002年に映画化されているため、思い当たる人も多いだろう。

 世界26カ国を股にかけて繰り返した小切手詐欺では、16~21歳までの5年間で約40億円を荒稼ぎしたものの、惚れた客室乗務員に正体を暴露したことがキッカケとなり逮捕。その後は投獄を経て更生し、現在はセキュリティ・コンサルタントとして活躍している。騙しの手口を知り尽くしている能力を買われ、FBIなどにも協力しながら、人々を詐欺から守り続ける立場についたというわけだ。

「自分力」を鍛える

「自分力」を鍛える

詐称力も必要ですか?

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年3月17日 10:04 | 返信

東大医科学研究所と東京医大は、全くの別物だが??
記事が詐称かよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。