>  > 担任の横領で勝手に「未納退学」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

gra001.jpg
担任から以前受け取った偽の卒業証書を記者に見せる曾さん

【日刊サイゾーより】

 偽札に偽ブランド品など、偽モノに関する話題が絶えない中国で、今度は偽卒業証書が出現した。

 中国の大学には「専科」と「本科」があり、専科は短期大学に相当する学歴で学士の学位も授与されないため、専科で学び終えた後に試験を受けて本科に入る人もいる。

「羊城晩報」(3月11日付)によると、2012年に広東科技学院の専科を卒業した曾さんが、2年後に本科に進学するために卒業証明書の発行を請求したところ、学費未納を理由に退学処分になっていたというのだ。

 曾さんは在学中、学費の支払いはすべて当時の担任を通して現金で納めていた。そこで曾さんは同じクラスだった40名の同級生たちに連絡し、事の顛末を説明すると、複数の学生が同様に学費未納を理由に退学処分となっていることがわかった。曾さんは元担任に説明を求めたところ、「学校側のパソコンのシステムエラーが原因であるため、卒業証明書の発行は問題なく可能である」と答えたという。しかし、曾さんたちは、大学側と元担任の話が食い違うことに不信感を抱き、昨年7月に学校側に正式に調査を依頼した。

 元担任は、卒業生たちに卒業証明書の発行や学費の返還を行う代わりに調査依頼を取り下げるよう要求してきたというが、今年3月になって大学側から調査結果について説明があった。副学長は、曾さんたちが担任からもらったという卒業証書は偽造されたものであり、学費未納で退学となっているため、卒業証明書は発行できないことをあらためて説明した。その上で「今回の件には学校関係者が関わっている可能性が高い」と指摘したが、元担任の関与については明言を避けた。曾さんは大学側と相談の上、公安局に捜査を依頼。現在調査が進んでいるという。

 しかしネット上では、すでに犯人は断定されている。中国版Twitter「微博」ではこの事件に関し、

「完全に担任による詐欺だろ」
「学校側も、この教師をかばっているような気がする。ほかにも、この詐欺に加担しているやつがいたんじゃないのか?」
「学生の教育より教師への教育が急務だな」

といった声が上がっている。

 今回のように、授与された者をだます偽卒業証書事件はあまり例がないが、就職難が続く中国では、ネット上で偽卒業証書が売られており、求職者の学歴偽装に使用されている。
(文=青山大樹)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。