>  >  > トラウマは長生きの元?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

guinnessworldrecords-2.jpg
世界最高齢に認定されたイスラエル・クリスタルさんは112歳(画像はギネスワールドレコーズ社の公式HPより)


 先頃(3月11日)、イギリスのギネスワールドレコーズ社は、世界の最高齢の男性に、イスラエル在住のイスラエル・クリスタルさん(112歳・男性)を認定した。これまでの記録保持者である日本の小出保太郎さんが、今年1月に112歳で亡くなったためである。

 イスラエルさんは、1903年にポーランドで生まれ、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を経験している。ナチスによるポーランド占領下で、アウシュビッツ強制収容所へ送られ、体重37キロまでやせ細った。

 通常、ホロコーストのような過酷な体験をした人は、心の大きな傷、つまりトラウマを抱え、後々まで心身にさまざまな影響を及ぼすことがあるのは、心的外傷後ストレス障害=PTSD(Post-traumatic stress Disorder)として、今日、広く知られている。

 PTSDの症状は多岐にわたり、抑うつや不安障害など精神的なものも、呼吸困難や疼痛などの身体的不調も、複合的に現れる。心身への負担ははかりしれず、病気になるリスク、ひいては寿命を縮めるリスクを十分に抱えている。

 そのため、イスラエルさんのギネス記録は、驚きをもって世界に伝えられた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。