>  >  > こうなるとは思わなかった元子役の芸能人5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ベッキー

,

子役

,

芸能人

0318bekki_koyaku.jpg

 ベッキーが休養してからもう2カ月が経つ。以前は、有吉弘行から“元気の押し売り”というあだ名を授けられたベッキーだが、今はもう売る元気もないようだ。あの頃のベッキーはもういない。誰からも好かれるベッキーはもういないのだ。

『おはスタ』(テレビ東京系)でデビューしたベッキーは、地道に活動し、確固たる地位までのぼりつめた。今年4月に同番組を卒業する声優の山寺宏一は「当時からベッキーは天才だった」と話していたとかいないとか。あのベッキーが不倫騒動を起こして休業し、確固が確固でなくなると誰が予想できたであろうか。

 というわけで、今回は“こうなるとは思わなかった元子役の芸能人”をご紹介したい。えなりかずきとか安逹祐実は、なんとなく予想できる感じがしたので省いている。

■杉田かおる

0318koyaku_sugita.jpg
※イメージ画像:『杉田かおるの毒出しダイエット~40代から身も心もキレイになる~』(アスコム)

ドラマ『パパと呼ばないで』(日本テレビ系)などで一躍有名となり、天才子役と謳われたのは杉田かおるだ。『3年B組金八先生』(TBS系)や『池中玄太80キロ』(日本テレビ系)などの話題作にも出演し、清純派路線を歩んでいたが、26歳にして借金1億円を背負うなどダークなイメージがつきまとうようになり、仕事が激減。

 2000年頃からバラエティ番組に出演するようになり、歯に衣着せぬキャラクターが話題になる。2005年に結婚したものの半年あまりでスピード離婚、また06年には不倫騒動と、波乱万丈の人生を送る。現在は再婚し、福岡で農業ライフを送っているという。“こうなるとは思わなかった”界の魔王とはこの人のことをいうではないか。

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

コメント

2:匿名2016年6月 1日 08:48 | 返信

大五郎こと西川和孝がいない。

1:匿名2016年4月25日 13:36 | 返信

4人…?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。