>  > KKKのリーダーがヒラリー支持表明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 両党の候補指名者争いが本格化している米大統領選挙だが、“特殊な”グループからの支持表明には、各候補者も困惑するしかないのかもしれない!?


■KKK元最高幹部がトランプを支持

 アメリカ社会の恥部とも呼ばれる白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」だが、その元最高幹部であるデービッド・デューク氏が、共和党の指名候補争いで現在先頭を走っているドナルド・トランブ氏への支持を同団体のラジオ放送で表明していた。デューク氏は今もKKKのメンバーに強い影響力を持っており「トランプ氏に反対票を投じることは後世への反逆罪である」と、かなりの“ホメ殺し”だったのだ。

hillaryhiddenagenda1.JPG
デービッド・デューク氏(2008年) 画像は「Wikipedia」より

 普通の組織からのサポート表明であれば政治家はこれ幸いにと歓迎するだけだと思うが、この場合はあのKKKである。他の支持者に誤解を与えないためにも、この種の組織からの支持表明について、政治家はきっぱりと“ノー”を言うべきであるとする意見が多数のようだ。

 しかしトランプ氏は、デューク氏の支持表明に対する反応が遅れてしまい、各候補の格好の非難のネタにされてしまったのだ。直接争っているわけではない民主党のバーニー・サンダース上院議員も「アメリカ初の黒人大統領の後任に、KKKを非難できない差別主義者がなれるはずもない」とツイッターで非難している。

 これらの非難に対してトランプ氏は「デューク氏に会ったこともなければ、関わりも一切ない」と否定している。しかしKKKとの関係疑惑をすぐに払拭しなかったトランプ氏を多くのメディアが批判し、ちょっとした“炎上”騒ぎとなったのだ。日本でも政治家と暴力団との関わりは御法度であり、もし発覚すれは大騒ぎになるが、同じようにアメリカではこのKKKとの関わりが致命傷になるということだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。