>  >  > 脳をリバースエンジニアリングする研究がスゴい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 約30年前、アメリカ政府はヒトゲノム解析プロジェクトに着手し、13年間にわたる努力の末に人の遺伝子マップを完成させた。このプロジェクトの成功は、旧来の遺伝子学を刷新し、今では人類史上最も成功した科学的業績の一つとも考えられている。そして今、再び壮大な挑戦が始まろうとしている。科学誌「Scientific American」のレポートによれば、現在、アメリカ政府主導のもと1億ドルの予算をもつ脳の解析プロジェクトが開始されるとのことである。


■1立方ミリメートルの脳の働きを完全に解明する挑戦

brainapolloproject1.JPG
Scientific American」より

 アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)のリサーチ部門の一つである情報先端研究プロジェクト活動(IARPA)は、MICrONS(The Machine Intelligence from Cortical Networks program ※日本語にしてみれば、「皮質ネットワークからの機械知性プログラム」と言う意味になるのだろうか)、と称された1億ドルの予算をもったプロジェクトに着手する。このプロジェクトの目的は、1立方ミリメートルの脳をリバースエンジニアリングして脳の認識方法や計算手順、評価方法などを分析し、人工知能のアルゴリズムに役立てようとするものであるという。

 このプロジェクト「MICrONS」は、オバマ大統領が推進している脳研究「BRAIN Initiative」の一環として、コンピュータを脳のように機能させようとする試みの一つでもあり、脳のアーキテクチャを解析し、人工知能が脳のように働けるようにするものとされている。現時点でも、たとえばiPhoneのSiriで音声を認識させたり、カーナビで目的地までの自動運転をしたり、Facebookで人間の顔を認識させるなどと、特定の情報の認識と分析は実行可能となっている。またアルゴリズムの側面からみれば、チェスや碁などもプログラムされたアルゴリズムが人間のものよりも単機能としては優れてきているとみなすケースもある。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。