>  > ショーンKより凶悪な学歴詐称連続殺人鬼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

深笛義也

,

西口彰

,

詐欺

nishiguchi0323.jpg

 学歴を詐称して発覚するタレントや政治家は度々現れるが、学歴を詐称した殺人犯は少ない。だが、学歴を詐称していた希有な殺人犯は存在した。ある時は京都大学教授、ある時は静岡大学教授だと名乗り、東大法学部卒の弁護士にもなりすましたのが、西口彰である。


■若い頃から犯罪を繰り返した西口

 大正14年、大阪。代々がカトリック信徒の家で西口は生まれる。西口も子どもの頃に洗礼を受けた。

 昭和16年、一家は大分県別府市に転居。旧制中学に進んだ西口は、家出して詐欺・窃盗を行い、岩国の少年刑務所に入る。

 昭和20年8月、終戦の翌日に出所すると、昭和23年から3年間、恐喝事件で服役。昭和27年から5年間、詐欺事件で服役。昭和34年から3年間、やはり詐欺事件で服役している。

 服役の合間に結婚し、西口は3人の子持ちになっていた。別府刑務所を出た西口は、妻子を別府市の実家に預け、福岡県行橋市に住みトラック運転手をしたが、1年あまりしか続かなかった。


■ついに殺人、京大教授に

 昭和38年10月18日、日本専売公社(現JT)の集金車を、福岡市近郊で襲った。運転手を手ぬぐいで絞殺、集金人を刺し殺して、27万円を奪ったのだ。目撃者もあり現場に指紋も残されていたので、西口は全国指名手配される。

 西口は逃亡。その間、ギャンブルで21万円も稼いだり、カトリック教会のミサにも参加している。宇高連絡船「瀬戸丸」から飛び込み自殺したように見せかけようとしたが、これは捜査当局に見破られた。岡山、神戸、大阪、京都、名古屋、静岡と、「京都大学教授の高橋」と名乗りながら、西口は逃げ続けた。浜松の旅館に泊まった際には、外から「京大の高橋先生はいらっしゃいますか。こちらは静岡大学の者です」などと、自分で電話をかけている。大学教授に見えるように、教育心理の専門書を持ち歩いたり、ダテ眼鏡をかけた。

 浜松の別の旅館では、静岡大学の教授と名乗って、女将と情交を結んでいる。11月19日には、女将とその母親を絞殺して15万円を奪った。

 広島ではカトリック教会の神父に京大教授と名乗り、テレビを施設に寄付するので店を紹介してくれと頼み、もらった紹介状で詐取したテレビ5台のうち4台を質に入れ、8万円を手に入れている。

 12月、西口は弁護士を名乗り、千葉刑務所の待合室で息子の面会に来ていた女性から、保釈金を詐取。東京地裁でも、同様の犯行を行っている。12月29日、検事出身の81歳の弁護士に民事訴訟を依頼し、打ち合わせだとして彼の豊島区雑司が谷のアパートに行き絞殺し、西口は腕時計と弁護士バッジを奪った。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。