• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1603_brussels_01.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 今月22日、ベルギーの首都ブリュッセルの空港と地下鉄で連続爆破テロが発生した。地元メディアが伝えた情報によると、空港での死者は少なくとも14人、地下鉄では20人の死亡が確認され、合わせて180人以上が負傷したという。そんな大惨事の直後の様子を捉えた映像が動画共有サイト「LiveLeak」に公開された。

 公開された1本目の動画は、空港で起こったテロ直後の様子を外から収めたもの。人々はパニックとなりざわつく中、負傷した人達は近くのベンチに横になり、手首から大量に出血する人や頭から出血する人、そして負傷者を手当てする人たちが映されている。

 もう1本の動画は空港の内部と思われる場所。爆発してからすぐにカメラを回したのか、煙が立ち込め、叫び声があちこちから聞こえる中、倒れこむ人などが映し出されている。

 また、地下鉄でのテロ直後の様子も公開されている。爆発があったのは、EU本部や日本使館がある官庁街、マルベーク駅。映像には子どもの泣き叫ぶ声が入っているほか、救急車が駆けつけた後の様子や、負傷者を看護する緊迫した場面が映し出されている。辺りには煙が立ち込め、大きな規模の爆発があったことがわかる。

 この悲惨なテロを引き起こしたのは、過激派組織のイスラム国(IS)。攻撃直後、IS系のメディアは事実上の犯行声明を発表した。その犯行声明では、「ISを掃討しようとする十字軍連合に暗黒の日々をもたらす」と警告。報道によると、空港テロの容疑者は3人で、爆弾はスーツケースに入れて運び込まれたとみられている。また、地下鉄の爆発は車両内でおきたとみられているが、どちらも犯人の特定には至っていない。

 ブリュッセルには、去年の11月に起きたパリ同時多発テロの実行犯、サラ・アブデスラム容疑者が今月18日に逮捕されて拘束されており、今回の事件はその報復のためだと予想する見方が多いようだ。アブデスラム容疑者は「今後、ブリュッセルで新たな攻撃の可能性がある」と発言していたという。

 事件が発生した22日の夜、パリのエッフェル塔はベルギーの国旗である黒・赤・黄の光で灯され、ブリュッセル市内ではテロに屈しない姿勢を見せるために追悼集会が開かれた。猛威を振るうISのテロの恐怖に、果たして世界はどのように立ち向かえばいいのだろうか?
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?