>  >  > 清原、遂に足の壊疽(えそ)の危険まで…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

清原和博

,

糖尿病

0324kiyohara_01.jpg
※画像:清原和博

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で逮捕、起訴された元プロ野球選手の清原和博被告が17日、拘留されていた警視庁本部から保釈された。保釈金は500万円。保釈された同被告はそのまま千葉県松戸市にある総合病院に入院した。

 2月2日の現行犯逮捕から44日ぶりにシャバに出た清原被告。今後、気になるのは、覚せい剤をやめた時に起きる幻聴やフラッシュバックなどの禁断症状だ。常習者の1回当たりの使用量は0・3グラム程度とされているが、逮捕前の同被告は1日に1グラムをゆうにオーバーしていた。

「ASKAさんほどではないが、かなりのヘビーユーザーだったことは間違いない」とは医療関係者。だが、清原被告の場合は生来の気質により、禁断症状はそこまで深刻ではないと話す。

「番長キャラで通っていたが、実際は小心者。シャブも1回の使用量はそこまででもなく、1日に複数回使う回数派だった。後遺症が重く出やすいのは1回の量が多い人。同じ1グラムでも1回で使いきってしまう人の方が脳へのダメージは大きい」(同)

 だが、安心はできない。フラッシュバックはなくとも、うつ状態に陥りやすいというのだ。別の医療関係者が証言する。

「取り調べで警察官から叱責され、どんより落ち込むことが多かった。警察の報告書には『うつの兆候アリ』と明記されていて、自傷行為に走らないか監視していた」

関連キーワード

コメント

1:左近2016年3月25日 23:34 | 返信

一回当たり0.3㌘なんてヘビーユーザーでもありえません、実際巷で末端価格(0.2㌘で10000円)です。40年間で6回の服役(全て覚取り法)のヘビーユーザーの私でさえ一回で注射する量は
0.1グラムです

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。