>  >  > キスする時に目を閉じてしまう理由が解明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

キス

,

ニューロン

,

灰白質

,

,

視覚

,

触覚

tactile.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 唐突だが、あなたはキスする時に目を閉じているだろうか? 目をカッと見開いたまま誰かと唇を合わせるという人は、恐らく少数派だろう。それに映画や写真などで、カップルが目をひん剥いたままキスするシーンがあったとしたら、何となく違和感がありそうだ。では、なぜ私たちはキスの時に目を閉じるのか? 恥ずかしいから? それとも心のどこかで恐がっているから? 実は、本当のところはよくわかっていなかったという。

 このような疑問を感じても、大抵の人は「当たり前」「そういうものだ」と受け入れてしまいがちだ。しかし、それはなぜなのか、理由を探求することに人生をかける「科学者」と呼ばれる人々がいる。そして今回、とうとう科学者が“キスするときに目を閉じてしまう理由”を解き明かすことに成功したようだ。


■秘密は脳にあった!?

 今月21日付の英紙「インデペンデント」によると、話題の研究結果を学術誌「Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance」上で発表したのは、ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学)の認知心理学者、ポリー・ダルトン博士とサンドラ・マーフィー博士。

 キスするときに目を閉じてしまう理由について、博士らが導き出した結論を簡単にいえば、なんと「単純に私たちの脳が目を開けさせようとしない」から。これは一体どういうことなのか、実験の詳細について解説しよう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。