>  >  > タリウム中毒での詳しい死に方とジワジワ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳 第7回、タリウム/後編】 

※タリウム「前編」はコチラ

0314tl_hon1.jpg
タリウム、画像は「Wikipedia」より引用

 かつては殺鼠剤として使われ、毒殺といえばタリウムというなんだかよくわからないイメージが付きまとう、蠱惑の重金属、タリウム。

 そんな毒物の生理的な一面を見ていこう。


■タリウムの症状

 タリウムの中毒は、理由は後述しますがゆっくり進行するのが特徴です。

 多くの場合、一過性の悪心、嘔吐などとともに神経痛や知覚の異常(光が乱れて見えたり、幻覚、幻聴など)が生じます。さらに多くのタリウムが体内にある場合、神経症状が進み、自律神経などの、意図せず動いているはずの神経系がまともに機能しなくなることで、血圧の異常上昇、頻脈、流涎(唾液が止まらなくなる)、体温の乱高下などが起こります。

0314tl_hon4.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 加えて、代謝によって排出が間に合わないほどタリウムが体内にあると、神経自体が死にはじめ、死ななくても歩行困難や失明、永久的脱毛などの重い後遺症が残ります。

 ちなみに、昭和初期には、タリウムの細胞毒性を逆手にとった脱毛クリームがあり、含有量10%という恐るべき除毛クリームが売られていました。タリウムは経皮吸収性も高く、毛根の細胞を速やかに殺すでしょうから、かなり痛み無く(細かい神経も死ぬだろうし)永久脱毛ができたと思われます。もちろん、目的以外の場所の脱毛が起こる可能性もありますし、なにより危険すぎるので現在はタリウムによる脱毛は行われていません(笑)。

コメント

1:匿名2016年3月30日 14:13 | 返信

この人の記事いつも楽しみにしてます
本も持ってるし。


理系に生まれたかったなー

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。