>  > エア ジョーダンが旭日旗を連想?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

nike0329.jpg
くだんの「エア ジョーダンXII レトロ“THE Master”」(ナイキ公式サイトより)

【日刊サイゾーより】

 アメリカNBAが生んだ不世出のプロバスケットボールプレーヤー、マイケル・ジョーダンの名を冠したバスケットボールシューズとして、全世界で絶大な支持とロングラン・セールを続けるナイキの「エア ジョーダン」シリーズ。近年はシリーズの復刻版や、新たなカラーバリエーションなどもリリースされて人気だが、韓国ではこの「エア ジョーダン」がちょっとした問題になっている。

 ナイキは2月下旬に、シリーズ12作目の「エア ジョーダンXII」の復刻版である「エア ジョーダンXII レトロ“THE Master”」を発売しているが、ソールのデザインが旭日旗を連想させる上に発売時期が韓国の抗日記念日である“三一節”に近いためネット民やメディアから猛反発を受けて、ナイキ・コリアが3月中旬から同商品の出荷を自粛することになったのだ。

 ちなみに、韓国で「エア ジョーダン」が論争の的になるのは、今回が初めてではない。2009年に発売された「エア ジョーダンXII ライジングサン」は、ホワイトカラーをベースにしながら真っ赤な放射線があしらわれたソール・デザインが、やはり「旭日旗」を連想させるとして、不買運動が起こったこともある。今回もそれに近い反発が起きたわけだが、3月24日には、あのソ・キョンドク教授がしゃしゃり出てきた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。