>  >  > 続発する「単眼症のネコ」誕生は凶事の前触れ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※3頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

「単眼症」――それは、極めて稀な先天奇形の一種である。「サイクロピア」とも呼ばれ、人間だけでなく多くの動物にもみられるこの奇形の特徴は、その名のとおり“一つ目”という衝撃的な顔面を示すことにある。胎児期に何らかの異常が起きていることは明らかだが、生まれてくるまで分からないうえ、治療法も存在しない。トカナでは、過去に複数回この単眼症の話題をお届けしてきたが、なんと今度は“一つ目の子猫”が誕生してしまったようだ。

CyclopsKitten_7.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より


■単眼症の猫、誕生。しかしその6日後……

 先月12日、米ニューヨーク州コンステーブルビルのある家庭で飼われているメス猫・ラプンツェルが、野良猫との間に6匹の子猫を産んだ。母子ともに至って健康――であればよかったが、子猫を確認していた飼い主はビックリ仰天。そう、子猫のうち1匹が単眼症だったのだ。

 問題の子猫の頭には、ギロリと見開いた巨大な目がひとつだけ形成されており、鼻はなく、口の形も崩れていた。まさにモンスターとしか喩えようのない姿だったが、呼吸に問題があるためか、ほどなくして息を引き取ったという。

CyclopsKitten.jpg
母猫ときょうだい 画像は「BELIEVE IT OR NOT!」より引用

 さて、これだけならば数ある単眼症事例のひとつとして片づけられてしまうことだろう。ところがその後、予想もしなかった展開が続き、アメリカ国民を震撼させることになる。なんと、前述の子猫誕生から6日後、ニューヨークから遠く離れたインディアナ州ビーダーズバーグに暮らすサラさんの飼猫・イジーが、同様に“一つ目の子猫”を産んだのだ。しかも、顔面の構成から毛色まで、子猫のありとあらゆる特徴がニューヨークのケースと瓜二つ。まさに「奇形のシンクロニシティ」としか考えられなかった。

 サラさんは恐怖に打ちひしがれながらも、生まれたばかりの単眼症の子猫を温め、大切に扱った。イジーも同時に生まれたほかの子猫同様、単眼症の我が子を必死に育てようとしていたという。しかし、彼らの願いも虚しく、単眼症の子猫はわずか数時間で息絶えてしまったようだ。

コメント

1:匿名2016年4月 7日 21:07 | 返信

幸せになってほしいね。長生きしろ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?