>  >  > 暗記パン並みの効果? 皮膚刺激で学習能力向上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

DARPA

,

学習

,

末梢神経

,

皮膚

,

,

記憶

,

高夏五道

 身体の隅々まで張り巡らされている末梢神経は、臓器、筋肉、皮膚などからの刺激を脊髄に集約し、脳のニューロンとつながれ、生物としての身体機能を維持するための情報を送受信している。ところが、この末梢神経系が単に情報の送受信をしているだけではなく、さまざまな機能を持っているらしいということが最近の研究でわかってきている。


■末梢神経を刺激すると学習能力が向上する

peripheralnervous1.JPG
末梢神経系 画像は「Wikimedia Commons」より

 DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)では、末梢神経系への刺激が、特定の疾患の治癒に有効であることや、義手・義足といった制御力を高め、感覚を鋭くするなどの研究が以前から進められているが、最新の研究で注目を浴びているのが、学習能力そのものを高める働きが、末梢神経系への刺激によって促されるというものである。

 つまり、医学的に、「学習」するという脳の働きは、いままで脳本体のみで行われていると信じられてきていたが、学習をより効率的に行う“助け”を末梢神経系が担っていることがわかりつつあるということである。

 DARPAにおけるこの研究プロジェクトは、TNT(Targeted Neuroplasticity Training:特定神経可塑性トレーニング)と呼ばれ、脳内の神経接続を活性化させるために必要とする正確な末梢神経への刺激を探るもので、この研究の成功は、国防省内におけるさまざまな訓練の時間を短縮し、ひいては予算を削減できる可能性があるという。

 特に、外国語の習得、諜報情報の分析、暗号の解読などという、習得までに一定の時間が必要とされている分野においての、時間短縮が望めるということになる。また、TNTは従来のDARPAの神経科学や神経工学の分野の中心であった、失われた身体機能を回復するための研究とは異なり、通常の状態よりも優れた状態を作り出すための研究であるということも注目されている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。