>  >  > 監禁・強姦…世界の驚愕誘拐事件ワースト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※残忍すぎる事件を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

1603_kidnapping_00.jpg
画像は、Internet Archive Book Images / Image from page 22 (from Flickr, CC BY 2.0)

 日本中を震撼させている、埼玉少女誘拐事件。2014年3月の誘拐後、約2年間という空白の期間の後、2016年3月27日に東京都内で少女は無事保護された。あらためて誘拐事件の恐怖を日本中が感じているが、世界に目を向けると想像すら及ばない長期間にわたる誘拐・監禁事件が起きている。


●ショーン・ホーンベック

1603_kidnapping_01.jpg
画像は、「Daily Journal Online」より

 2002年10月、自転車で友人の家に向かう途中で行方不明となっていた当時11歳のショーン・ホーンベック。行方不明から4年後、15歳となった少年は米ミズーリ州セントルイス郊外のアパートで発見されることとなる。発見されたきっかけは、学校からの帰宅途中に行方不明となったベン・オーンビー君捜索のため踏み込んだ容疑者のアパートに、ベン君のみならず、ショーンまでがいたのだ。そこは、ショーンの自宅から車でわずか1時間足らずの距離だったという。誘拐されていた4年間、アパートでゲームやテレビといった娯楽を与えられ、特別不自由のない生活を過ごしたというが、多くは語られていない。ショーンは両親の設けた捜索用のウェブサイトに、「息子をいつまで探し続ける気だ」「あなたの息子についての詩を書きたい」などと、誘拐犯マイケル・デブリンの姓と自分の名前を合わせたショーン・デブリンという名前で投稿することで、助けを求めていたという。だが、その叫びに気づくものはいなかった……。


●スティーブン・ステイナー

1603_kidnapping_02.jpg
画像は、「Ukiah Daily Journal」より

 1972年12月、米のカリフォルニア州マーセドで、学校から家に帰る間に、7歳のスティーブン・ステイナーがケネス・パーネルによって車で連れ去られた。ケネスは「教会への寄付をお母さんにお願いしたい。家に連れて行ってほしい」という文句で車に誘い込んだという。誘拐されていたのは7年の間だが、ケネスはスティーブンに「君の両親が経済的に苦しくて育てられないため自分が預かる」と嘘をついたため、スティーブン自身は誘拐だと気づいていなかった。しかし14歳の時、ケネスは5歳の少年ティミーを誘拐。そのことからスティーブンは自分が誘拐されたこと、騙されていたことに気づき、犯人が仕事に出た隙にティミーを連れて逃走した。誘拐されていた間に性的虐待を受け続けたスティーブンだが、ティミー少年を救ったことから新聞やテレビの取材が殺到し、事件を扱ったテレビのシリーズ番組も作られるなど一躍ヒーローとなった。

コメント

1:匿名2016年4月 1日 13:46 | 返信

ナターシャカンプシュさんは強姦されていないと公言していますよ、ソースどこですか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?