• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 かなた地球を離れ宇宙開発が進む一方で、地球にはまだまだ身近な場所に貴重な謎が眠っているものである。

 インドでは干上がった川からなんと数千年も前の貴重な遺跡が発見され注目を浴びている。地球温暖化の影響ともみられているが、庭を掘ったら徳川の埋蔵金が出てきたような話にインド人もびっくりだ!


■干上がった川から出てきた数千もの男根!?

Sahasralinga2
画像は「BeforeitsNews」より

 インドの南西部にあるカルナータカ州で、干ばつと地域住民による水の過剰摂取によって川の水位が下がった結果、考古学者たちをも唖然とさせる貴重な古代遺跡が出現した。それらは鬱蒼とした木々が生い茂る農村地帯をはうように流れるシャマラ川の土手で見つかった。川底から姿を現した岩には数々の彫刻が施されており、考古学者らによればヒンドゥー教3最高神の一柱「シヴァ神」のシンボルである、シヴァリンガーであると判明したのだ。

Sahasralinga4
画像は「BeforeitsNews」より
Sahasralinga5
画像は「BeforeitsNews」より

 無数のシヴァリンガがにょきっと出てきたことによってサンスクリット語で「千のシヴァリンガ」を意味する「Sahasralinga」と呼ばれ、シヴァ信仰者にとっては非常に重要な巡礼地となっているという。

 世界の寿命が尽きた時、世界を破壊して次の世界創造に備える役目を持つシヴァ神であるが、なぜ川底に無数のシヴァリンガが眠っていたのであろうか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。