>  >  > ネコを飼うと「胃がん」「統合失調症」になる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
関連キーワード:

ネコ

,

ペット

,

リスク

,

百瀬直也

 現代の日本では、少子高齢化の影響もあり、ペットを飼う家庭が多い。イヌもネコも、それぞれ1,000万頭前後が飼われているという。ペットを家族同然に扱い、共に暮らす人々の間で問題となっているのは、ペットに由来する感染症などの病気だ。それらの中には、死に至る病気もあるという。今回は、患者数の増加が予想される、ペット由来の感染症などの病気を紹介しよう。

ThinkstockPhotos-sb10069719a-001.jpg
画像は、Thinkstockより

■「動物由来感染症」(ズーノーシス)の感染経路とは?

 動物からヒトへと感染する可能性がある病気を、「動物由来感染症」(ズーノーシス)と呼ぶ。日本では60~80種が特に問題視され、そのうち30種はイヌ・ネコ・小鳥など身近にいるペットから感染するものだ。ペットと家族同然の生活をするほど感染リスクは高まる。

 ペットに由来する動物由来感染症の感染経路としては、主に以下の2種類が挙げられる。

1. 直接伝播:咬まれる、顔を舐められる、引っかかれる、口移しで餌を与える、キス、排泄物、ほか。
2. 間接伝播:ダニ・蚊・ノミなどの媒介。もしくは口にする肉や魚介類から。


■代表的な「動物由来感染症」5選

 イヌやネコなど、日本で人気のあるペットとの接触によって起きる病気としては、主に以下のようなものがある。

・1パスツレラ症
 イヌの75%、ネコの100%が保有している「パスツレラ菌」への感染によって発症する。主にペットに噛まれたり引っかかれたりしてできた傷口から、体内に菌が侵入する。呼吸器系の疾患、骨髄炎、敗血症、髄膜炎などの全身重症感染症を引き起こし、高齢者など抵抗力が弱い人々は死亡することもある。

・2猫ひっかき病
 その名の通り、ネコに引っかかれて感染し、10日後に赤く腫れ上がる。そして発熱が続き、全身倦怠、関節痛、吐き気などの症状が出現。自然に治癒することも多いが、肝腫瘍を合併することもあり、免疫能力が落ちた高齢者などは、重症化して麻痺や脊髄障害に至るケースもある。

・3カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症
 イヌやネコなどの口腔内に常に存在する細菌が、ペットに噛まれたり引っかかれたりすることで体内に侵入。発熱、倦怠感、吐き気、頭痛を引き起こす。患者は中年以上の男性に多く見られるが、重症化すると敗血症や髄膜炎で死亡するケースもある。

・4サルモネラ症
 カメやイグアナなどの爬虫類、また、汚染された食品や手指を通じて口から感染し、その後8時間から4日間で腹痛、下痢、発熱が起こり、時に粘血便を伴う。免疫力が落ちている人が感染すると重症化し、死に至るケースもある。

・ 5オウム病
 主に鳥類が感染源となるが、イヌやネコに感染することもある。鳥の排泄物を吸入したり、稀に口移しで餌を与えることにより感染するケースも見られる。急激な高熱と咳を発症し、肺炎や髄膜炎などさまざまなな病態に至る。

関連キーワード

コメント

10:匿名2017年10月20日 12:25 | 返信

猫好きイライラでワロタ
暴言吐いてるやつまでいるし

9:匿名2017年5月 2日 17:28 | 返信

なぜ、猫に限定したタイトルなのか。
他の動物でも似たようなリスクはあるでしょ。統合失調症になったとか聞いたことない。

8:匿名2016年4月 4日 20:44 | 返信

時々出てくる動物由来感染症の記事。
もちろん注意は必要です。ただ、猫を撫でると血圧が下がり、ヒトの精神が落ち着くといった発表もあったと思います。統合失調症の原因がその寄生虫なら、早くきちんと解明していただきたいですね。
ちなみに口を舐めるのは犬のほうが多いイメージですけど、なんでタイトル猫限定なんですか。

7:クルミ2016年4月 3日 08:03 | 返信

たしかに、そういうリスクも0ではないでしょうが、ごく稀なケースですよね?
自分も含め長年ペットを飼ってる人は周りにたくさんいますが、ペットが原因で病気になった人なんて1人もいません。

猫ブームだから、目を引くようにこんな誤解を与えるような題名にしたのでしょうが、
真に受けて猫を捨てる人が出てくる可能性だってありますよ。

題名は載せる側が考えたのかもしれませんが、アクセス数も多いブロガーさんなので、もう少し考えて書いて頂きたかったです。
筆者のMさんのブログは毎日読んでおりますが、今回の記事は残念です。

6:匿名2016年4月 3日 07:56 | 返信

まあ「こんなリスクの可能性もあるよ」程度の捉え方でいいかと。
個人的に小鳥飼ってましたが、お尻にキスも毎日だったし、口ちゅうもしたし、
知らずに彼らのウ●コを煎じて飲んでしまったこともあるが、
十年近く何事もなかったです。

あまり過密に接触(口や肛門wにキス、布団や風呂に入れる等)をしなければ、
ほぼ心配するほどの問題ではないかと。

5:匿名2016年4月 3日 05:54 | 返信

こんな馬鹿げた記事を書き、載せるほうの頭の病気の方が心配ですね。

書く者、載せる者の人としての想像力の無さ。
人としての知性はどこにあるのか?
こんなことが正しいとされているなら、
人はもっと精神を病み、寿命も短いはず。
確かに動物由来の病はあるけれど、今に始まった事じゃないでしょう?
普通に飼っていて発病する事はまず殆ど無い。
そしてなぜタイトルにはネコだけが指摘されているのか?

そんな事より、動物をおもちゃ感覚で飼っては捨てる人間の愚かさと
いつまでも生体販売を続ける日本のペットショップに対して
記事を書いて見たらどうですかね?怖くてかけませんよね?
あ、トンデモ記事を専門に書く人なんですか?

4:匿名2016年4月 3日 00:51 | 返信

ネコと一口に言っても、完全室内飼いの猫と、外に出入り自由な猫やノラ猫では感染の危険度が違うと思う。
放し飼い禁止のイヌと比べて、ネコは各家庭での飼育環境に差があるし。
イヌにとっての外は飼い主の目が届きやすいけど、ネコはノラ猫との接触もあるし何してるかわからないから、外に出てるネコと寝るのは確かに怖いが。
・・・というか、まずタイトルが酷い。
これでは飼うことが悪いと誤解を与える。扱いの問題なのに。ネコ嫌いなのか?

3:エセムツゴロウ2016年4月 3日 00:48 | 返信

こういう記事見て真に受けた浅見のバカがペット捨てるだろうがあ~ちょっと考えればわかるよな!?
想像力培ったほうがいいぞ
とにかく神経質すぎんよ~ てか病気が怖くて動物への愛を止められるかよ
個人的には喫煙のほうがよっぽど体に悪いと思いまーす
要は大きなお世話です放っとけって話
ところでなんで超常現象研究家とやらが畑違いの記事書いてんすかね
突っ込みどころ満載すぎて笑うわ
ビックフットの新情報はよ

2:匿名2016年4月 2日 22:31 | 返信

猫だけ大々的に悪者扱い。
これを読んで捨て猫増えたらどうするんだ?
過度な愛情注がず、衛生面に気を付けりゃいいんだろが!
何が胃がんじゃ!発表した奴がなれ!マジに腹立つわ!

1:黒猫ママ2016年4月 2日 20:36 | 返信

なぜ見出しに「ネコを飼うと」なのでしょう?
動物を、とかペットを、でいいじゃないですか。
オウム病やネコひっかき病などは昔から言われていることですし
妊婦さんがかかると危険なトキソプラズマなどもあるのに
何で今更、ネコを・・・なのか、筆者の悪意を感じます。
今やハウツー本やペットの飼い方本がすぐに手に入るので
少なくとも大事にペットを飼っている人はリスクや危険性は知っているはずです。

「~といわれている」などの断言しない書き方はほぼ正しい情報ではないときいたことがあります。
100%とはいいませんが、あやふやな情報は流さないで欲しいものです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。