• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

オーパーツ

,

人形

,

土偶

,

遠野そら

,

遺物

 米アイダホ州のナンパという小さな町で200万年前に作られたとされる小さな粘土像が発見された。トカナでも「説明不可能な世界の謎」として紹介したことのあるこの粘土像だが、調べれば調べるほどその謎が深まっているということだ。


■人類進化史を覆す大発見か?

 1889年に発見されたというこの粘土像は、井戸掘り作業中に地下約97.6mから発掘された。井戸の堀削工事を行った作業員によると15mほど掘り進んだところで粘土と流砂の混じる4.5mほどの玄武岩層を通過したという。その後約97.6mに到達し穿孔(せんこう)作業を開始すると、褐色がかった4cmほどの粘土像が突如蒸気ポンプから吐き出されてきたというのだ。

oldfigurinefound1.JPG
画像は「YouTube」より

 1912年には米ボストンの地質学協会のジョージ・ライト博士がこの粘土像を分析し、その結果、粘土像の表面が高濃度酸化鉄で覆われていたことを発表している。これは粘土像が間違いなく地中深くから出土したことを裏付ける決定的な証拠であり、さまざまな分野から注目を集める結果となった。またライト博士は「粘土像は女性のようだ。まるで生きているかのような表情を読み取ることもできる」とも語っており、その技術力の高さにも注目していたという。

 その後、ハーバード大学のパットナム教授が顕微鏡にて細部分析を行うと、右腕下のクォーツ粒子(石英粒)が鉄の分子によって結合されていたことが新たにわかり、この粘土像がはるか遠い昔に作られたことを示唆する結果となった。パットナム博士によると、この粘土像が眠っていたあたりの地下約91mあたりから特有の酸化鉄が現れており、この深さは200万年前の地層でほぼ間違いないということだ。

 画像だけみると、「たまたま人間の形に見えるだけでは?」とも思えてしまうが、米オハイオ州のオーバリン大学教授アルバート・ライト博士は「この粘土像は非常に高度な技術を持って作られたものである」とし、長い時間放置されたことによりかなりのダメージが見られるものの、目や口などを識別することが可能だと発表している。残念ながら右足は折れてしまっているものの人間の体の特徴がよくとらえられており、首や胸の周りには装飾品を施しているような幾何学模様までも見ることができるというのだ。

 ライト博士は「これは非常に身分の高い人物をイメージして作られたものではないか」と“芸術品”として製作されたと推測しているが、他の学者らによるとこの粘土像はおよそ2~3万年前、旧石器時代後期に「神」や「女神」としてまつられていた像と非常に酷似しているという。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年4月 3日 05:30 | 返信

エイプリルフールじゃないの

2:匿名2016年4月 3日 05:26 | 返信

エイプリルフールじゃないの?

1:匿名2016年4月 2日 13:46 | 返信

これは、世紀の大発見だ!!

ただ、その時代に宇宙人との交流が有った事を示す何が見付かれば
の話だが。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。