>  >  > 地底世界への入口、ついに発見される=露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
Hyperborea_3.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 今年もエイプリルフールがやってきた。世のウェブメディアには、趣向を凝らした"おふざけ"記事が溢れている。しかし、常に世界の真実のみを追い求めてきたトカナ編集部は、このような風潮に重大な懸念を表明せざるを得ない

 そもそも、世界中の高名な予言者たちが指摘するように、今年は人類滅亡の年である。すでに第三次世界大戦が始まり惑星ニビルが地球に接近しているうえ、とうとうイルミナティによる新世界秩序も実行に移される。人類にとって残された時間は短いのだ。

 私たちは、もはや1日1分1秒も無駄にすることができず、来る危機に備える必要があるにもかかわらず、4月1日だからといっておふざけに興じることが許されるなど、まさに愚の骨頂。実に不謹慎極まりない行為であると言えよう。決して気を緩めることなく、常に警戒を怠るべきではないのだ。


■人類の理想郷「ヒュペルボレイオスの世界」

 そのような中、人類にとって“朗報”ともいうべき衝撃のニュースが届いた。なんと、「アトランティス大陸」や「シャンバラ」などと並ぶ神話的“理想郷”、その名も「ヒュペルボレイオスの世界」への入口が特定されそうだというのだ!

Hyperborea_4.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 ギリシア神話に登場する伝説上の民族、ヒュペルボレイオス。その名は、古代ギリシア語で「北風の彼方に住む人々」を意味する。彼らの暮らす世界は一年を通して春であり、夜が存在しないと伝えられる。また、ヒュペルボレイオスたちは病気にならず、労働も必要なく、永遠の平和のなか至福の生を送るとされる。

 まさに、人類のユートピア(理想郷)としか喩えようのないヒュペルボレイオスの世界。しかし、古代ギリシアの歴史家ヘロドトスや詩人ピンダロスによると、そこは船でも徒歩でも行くことができない場所に位置し、もし入口を見つけても“絶壁に宿る生命”によって抹殺されてしまうという。

コメント

2:匿名2016年4月 4日 02:26 | 返信

イエーイ!人類滅亡バンザーイ!

1:匿名2016年4月 1日 16:33 | 返信

今年、人類は滅亡するのか!!

俺達日本人で、ロシア迄行けるヤツらは 一握りだろ!!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。