>  >  > 【閲覧注意】マチュテに切られて右頬ぱっくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

コロンビア

,

マチェテ

,

争い

,

北原大悟

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1604_machete_01.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 毎日のように強盗、誘拐、テロなどの凶悪事件が後を絶たないコロンビア。そんな国で、2人の男性が男らしくマチェテで争い、そのうちの1人が顔面に深い傷を負う事件が発生。その一部始終を撮影した動画が4月2日に「Live Leak」で公開された。

 動画は見るからに屈強そうな男2人が対峙するところから始まる。画面奥に映る白Tシャツの男が小刻みなステップで黒い洋服を着た男を挑発。それに苛立ったのか、黒い洋服の男がマチェテを一振りするも、虚しく空を切った。白Tシャツの男は相変わらず軽快に挑発を続け、一進一退の攻防が続く。白Tシャツ男が優勢かと思われたその時、黒洋服の男の猛突によって白Tシャツの男が仰向けに倒れ、めった打ちにされる……。あまりの悲惨さに、周囲にいた人間が止めに入ったところで動画はストップした。

 今回、どういったいきさつで決闘が行われたのかは判明しないが、白Tシャツの男の右頬はぱっくりと割れており、病院に担ぎ込まれたようだ。

 マチェテとは本来、農業や林業で用いられる道具で、草などをなぎ払う作業に特化した刃物。今回使用されていたマチェテは、カリブ海や中南米など熱帯雨林で藪を刈りながら進むために作られた、長く細いタイプのものらしく、本来敵を倒すために使われるものではない。

 しかしマチェテを使用した事件はこれまでにも多数発生しており、1997年にメキシコのチェナロー地区、アクテアル地区の教会で先住民のツォツィル族45人が無差別に殺されたアクテアル虐殺事件では、女性の乳房をえぐり取り、胎児を引きずり出して切り刻むのに使われていたのはマチェテだった。また、コロンビアではマチェテを手にした複数の男による襲撃事件も発生している。

 マチェテは藪を刈るだけでなく、竹を細工したり、枝を切ったりと万能道具として扱われるが、幸か不幸か、殺傷能力までをも兼ね備えていたようだ。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?