>  >  > 14歳で色気!? 浅田真央引退できない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

浅田真央

819+vGeaAlL._SL1500_.jpg
画像は、『ジュピター(浅田真央プロデュース)』(ウィステリアプロジェクト)

 先月末から今月にかけて行われたフィギュアスケートの世界選手権女子で7位に終わった浅田真央が、今後の現役続行に意欲を見せた。

 2季ぶりの出場となった今大会で、浅田は前半のショートプログラム(SP)でトリプルアクセルも決まらず9位と失速。後半のフリーで持ち直したものの表彰台にははるか及ばず。9回目の出場にして過去最低の順位となってしまった。

 2014年のソチ五輪で6位に終わり、同年の世界選手権をもって休養に入った浅田。一時は引退も視野に入れていたが、昨年10月のジャパンオープンで復帰した。同大会で優勝すると、翌11月のISUグランプリ中国大会杯でも1位に。その後は本番で体調不良が重なるアクシデントに見舞われたことなどもあり、優勝から遠ざかっている。

「復帰はしたものの休養前に比べて、明らかに体のキレが悪いこともあり、引退説もずっとささやかれている。昔から演技構成点(PCS)が高いと指摘されてきた浅田だったが、復帰後は体のキレが戻らない中で、依然として高いままのPCSが目立つ結果になってしまっている。それでも昔に比べると、強気というか『自分をコントロールできている』というような内容の発言が目立つ」(フィギュアスケート担当記者)

 今大会でもSPで低調に終わった時点で、メディアでも「引退」の可能性を示唆する報道がなされた。それでも大会後は「実力やレベルを上げて、もっと上の順位を狙いたいと思うようになった」と辞める気がないことを強調した。

 多くのスポンサーとファンを抱える人気者だけに、簡単に辞められないのは当然のこと。他にもやめられない事情があるという。

「やはり仲の良い姉の舞の存在が大きい。同じ事務所に所属しタレント活動している姉の価値は、妹が現役のフィギュアスケート選手であることで、より価値が高くなっている。姉のためにも簡単にやめるわけにはいかない」(前出の記者)

関連キーワード

コメント

1:匿名ばりこ2016年4月 6日 21:55 | 返信

くだらない記事

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。