>  > 保守女子は小籔、つるの、向井理が好き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:
tsurunokoyabu_160406.jpg
左「つるの剛士オフィシャルサイト」/右・吉本興業株式会社芸人プロフィールより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 本体の新聞同様に、ヘイト満載の常軌を逸した記事で定評のあるタカ派論壇誌「正論」(産経新聞社)。先日も同誌が主催する「正論」大賞の贈呈式に安倍首相がわざわざ出席し挨拶まで披露、「あなたの言う『公平中立』って一体何なんだよ!」とツッコまれたばかりだが、そんな安倍首相が偏向するほど大好きな「正論」に、あのトチ狂った企画が再び掲載された。

「トチ狂った企画」とは、「正論」3月号の『第1回せいろん女子会 気づいていますか? あなたが「保守オヤジ」です』。自称・保守女子4名による座談会で、そこで飛び出したのは“上から目線、気に入らない人にはすぐ「在日」と言って喜ぶ、服がダサい、話が長い、知識を押し付ける、態度が非常識、女に偏見もちすぎ”という保守オヤジたちへの痛烈すぎる批判の数々だったのだ。

 本サイトが同企画を取り上げると、「なにこの自虐……」「ついに狂ったか?」という反響とともに、頭のネジが抜けたとしか思えない「正論」編集部を心配する声が届いたが、「正論」編集部は久々に記事が話題になったことに気を良くしたのか、4月号でもこの恐怖の女子会を開いてしまったのである。しかも、『出でよ、「おめざ女子」』というさっぱり意味のわからないタイトルで。

 まず、座談会出席者の保守女子(といっても前回同様、出席者は萌えっぽいイラストで顔写真などはなし)は、「友達のほとんどは、そもそも『正論』という月刊誌があることも知らない。『正論』などの保守系論壇は、若い女性たちに相手にされていない、というのも現実です」と嘆く。そして司会者が「そういう若い女性の皆さんに手にとってもらえるようになるためにはどうしたらいいのか」と教えを請うのだ。

 いや、そりゃあ表紙に「君は支那事変を知っているか」などというおどろおどろしいタイトルと劇画調マンガをデカデカと載っけていたら、ドン引きして書店でもその場をそそくさと立ち去るだろう。だが、そこは「正論」読者の保守女子。「私も、メディアのおかしな報道や、中国や韓国が世界中にばらまいている歴史の嘘、日本の安全がおかしくなってる状況に、ようやく気づいた、という感じです。もっと勉強したい、これまで間違って信じ込まされていたことが本当はどうなのか知りたい、と思ってる」と力説する。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年4月 7日 10:25 | 返信

ヘイト満載の常軌を逸した記事で定評のある売国左巻サイト「リテラ」WWW

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。